巨人ウィキペディ

巨人・原監督「子どもちゃん」と酷評した桜井の乱調に表情険しく…

2020/10/12
巨人 0
 巨人・桜井俊貴投手(26)が12日の中日戦(ナゴヤドーム)で2点を先制した直後に3点を失い、あっさりと逆転を許した。  2回の攻撃で打線が2点を挙げたが、直後に暗転した。二死からシエラに四球を与え、次打者の阿部には1ボールから投じた143キロ直球を左翼スタンドに運ばれて瞬く間に同点に追いつかれた。走者がなくなり、後続を断てれば…という展開だったが、動揺が収まらなかったのか、8番の木下拓には再び四球。中日先発投手の福谷に右中間を真っ二つに割られる適時二塁打を許し、勝ち越されてしまった。  前回登板した10月5日の阪神戦(甲子園)でも、桜井は1点を先制した直後に同点とされ、5回二死から四球で出塁を許し、大山の特大2ランを被弾した。原監督は試合後に「あれじゃあ、子どもちゃんが野球をやっているようなもの」と怒りをあらわにしていたが、今回も同じような流れに…。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7403fefcfe023718ff263cbb771d1acf54ead27b


2アウトからの四球 そして同点ホームラン
さらに相手ピッチャーに逆転タイムリーという
投手がやってはいけないことのオンパレード
前に川上憲伸さんが言ってた 
星野監督なら殴られるパターンです

こういう点の取られ方は絶対ダメという悪い見本のようなピッチングでしたね。
桜井ではなく、他の選手にチャンスをあげてください。
チャンスを十分にもらってのこの結果ですし。
巨人ファンですけど、もう見たくないです。

試合はまだ分からないけど やっぱりダメかな
点の取られ方が本当に悪い せっかく先制点を取ってもらった次の回に 事もあろうか逆転とは 先発は無いな守ってる野手の指揮にも関わるよ。

乱調じゃなくて想定内ではあるけど、ほんとにありえないですな。
まさに一人相撲。
大学生にボコられた投手だし、明らかにプロ一軍レベルにはない。
とはいえ四球、ホームラン、四球、投手にタイムリーとかね。話にならないね。
これじゃ野手の士気も下がるわな。

大山にはホームランを献上するは・・・原も良く桜井を我慢していると思うよ。ファンはそろそろ限界だけどね。

スムーズに2アウト取ったのに、
そこから四球→2ランHR→四球→投手に長打を打たれタイムリー
考えうる限り最悪レベルの失点の仕方ですよね
これはファンからめっちゃ批判されているのも納得…

再三申しております。
桜井投手はソト、大山、ビシエド、誠也各選手などホームランバッターに誠に気持ち良〜く打たせてあげております。
是非巨人のバッティングピッチャーになって頂き、岡本さんや野手の為に貢献してほしいです。

何度チャンスを与えたら気が済むのだろう?
乱調とかじゃなくて、これまでも味方が得点した後に必ず失点している。
精神的に問題があるとしか思えない。
毎回毎回同じことの繰り返しでしょ。
これが最後の登板であることを望みます!

(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/7403fefcfe023718ff263cbb771d1acf54ead27b/comments

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.