巨人ウィキペディ

【巨人】サンチェスは6回途中5失点で降板…大ピンチを大江竜聖が救った

2020/10/15
巨人 0
 巨人先発のエンジェル・サンチェス投手(30)は5回1/3を5失点で降板した。一時は5―1と4点のリードがあったが5回に4点を奪われ同点に追い付かれ、6回1死二、三塁とされた時点でマウンドを降りた。2番手で登板した大江竜聖投手(21)は後続をピシャリと抑え、東京ドームが拍手に包まれた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4919ff5b82e0ad160d0bc1c2c72bbfdadd33079f


普段荒れることがっても、
こういう場面はきっちり仕事してくれるのは大きいね。
これもサンチェスのギリギリ残った今日の分の運なのか。
サンチェスは結果的に残念な形になったが、
次はリズムが崩れても耐えきる投球を。
4回まで見て そこからご飯食べてる間にこんな展開になってビックリしたぞ。

困った時の火消し役、大江がまたしてもピンチしのいだ、サンチェスの黒星を付けさせないナイスピッチングだった、今自らのピンチもしのげるか?

本当に頼もしく成長したな大江。誠也に対してあれだけインコースに攻め込めるのは素晴らしい。
なんとか踏ん張ってくれ!!

大江投手、回跨ぎだったけど無失点!
フォームを変更して数ヶ月で1軍の戦力になってるし、本当に素晴らしい活躍。
年俸620万から大幅アップだね(^ ^)

ピンチでの登板の時は素晴らしいピッチングを続けてる。
回の頭から出た際の安定感が出てくればいいのに。

(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4919ff5b82e0ad160d0bc1c2c72bbfdadd33079f/comments
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.