巨人ウィキペディ

【巨人】昨年のドラフト1位の堀田と鍬原を育成契約を打診しての自由契約にすると発表

2020/11/04
巨人 0
 巨人は3日、17年ドラフト1位・鍬原拓也投手(24)、19年ドラフト1位・堀田賢慎投手(19)と自由契約とすると発表した。育成契約を打診しての自由契約となる。両投手とも今季、右肘を手術しており現在はリハビリ中で、来季のパワーアップを期待している。

堀田は青森山田高から入団1年目。1月の新人合同自主トレ中に右肘の炎症で離脱し、4月にじん帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けた。8月にはキャッチボールを再開。走り込みによる下半身強化など、できる練習に前向きに取り組んでいる。



これはスカウト陣は反省して欲しいね。
こんなに直ぐに故障が原因でドラ1が支配下登録外れるなんて。
契約金とか考えたら球団の損失は大きい。
何より活躍していない。
特に先発投手は足りなくてやりくり大変なんだから。

ここ数年のドラ1投手は、中途半端以下ばかりです。
堀田には手術明けで期待が持てますが、他は将来的にも上限が見えているのではないですか。スカウトの力量不足ではないでしょうか。

鍬原投手。ドラ一指名された時、特番で放送されてお母さんの苦労映像が流れていた記憶があります。
でも、一軍の中継ぎでの登板を観ていたが…
先はこうなるだろうな?と予感はあった

鍬原選手にはお母さんの事考えればもうすこし頑張って欲しかったけど、厳しく実力主義のプロに足を踏み入れたんだから仕方ないね、ずば抜けた選手でも無かったが巨人が1位で指名してくれた事には感謝して次を頑張って下さい。

鍬原投手は将来性が高かっただけに、ケガによる自由契約は非常に残念です。
鍬原投手の「お母さんありがとう」は、録画して今も保存していますが、当時は涙を流しながら見ていました。
美容院に行くのを我慢したお母さんは諦めませんでした。
家族思いの妹さんも、心の支えになっていたと思います。
鍬原投手も諦めないで欲しいです。
高橋由伸元監督が1位で選んだ選手であることを誇りに、再起してくれることを願っています。

19年ドラフト1位でさえ、自由契約になるのか。厳しい世界なんだね。手術したとはいえ、ドラフト1位なら3年間くらい責任持って面倒みてもらいたいというのが、子をもつ親の気持ちですね。
だけど、そんなあまい世界じゃないということでしょうね。
そう考えると、日ハムの斎藤投手は、恵まれた環境なんだろうね。
お二人共、夢を諦めずに頑張ってください。

ジャイアンツはドラフトでクジを外してしまうし、その後取ったドラ1は故障・手術でろくに投げられないしで、なかなか苦戦していますね。プロのスカウト陣、十分調査はしているんだろうけど…悔しいでしょうね。
その代わり、高梨やウィーラーなど補強はうまくいっている。総合的に見て、チーム編成は良い方なのかな?
今年は育成12人と、ジャイアンツならではの手法でチーム強化を図っている。ちょっと他球団では真似できない方法だけれど、チーム内の競争は激化するし理にかなっているのかな?

来年はリハビリからのスタートだから仕方がないよね。
堀田は身体作り、鍬原はフォーム固めと治った後も課題が多いから、這い上がるにはこれまで以上の努力が必要ですね。

怪我していなくても高卒2年目なら1軍で投げるのはきついでしょ。再来年堀田と山崎が1軍のマウンドで活躍していてもらいたい。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.