巨人ウィキペディ

巨人・原監督 日本シリーズも理想は「1番吉川、2番松原」ただし、 安定しない2人に「I&W」要求

2020/11/06
巨人 0
日本シリーズは〝I&W〟でかき回す! 巨人・原辰徳監督(62)が、改めて理想的な「1、2番像」について言及した。

レギュラーシーズンも残り4試合となったが、日本シリーズを控える巨人に〝消化試合〟の文字はない。むしろ、実戦を通して投打の復調を図りたいところだ。  そんな中で指揮官が「しんどいところ」と語っていたのが、1、2番打者の固定だった。優勝を決めるまでは1番に吉川尚輝内野手(25)、松原聖弥外野手(25)を2番に据えていたが、終盤にきてあっさり凡打するなど安定感を欠く試合が続いた。そこで11月から松原を1番、吉川尚を7、8番に動かすなど効果的な打順を模索。ちなみに5日の試合は1番・松原、2番・吉川尚の順だった。

原監督の理想はやっぱり「1番・吉川尚、2番・松原」にあるようだ。「理想的にはマツ(松原)が2番の方がいい。3番からがクリーンアップだから。マツがあそこにいるといいなという感じ。(吉川)尚輝はいろんなものを駆使しながら塁に出る」。足もあり、身体能力の高さから小技も効く吉川尚で相手の出はなをくじき、小兵ながら思い切りのいい打撃の松原が続く――指揮官はそんな2人をこう表現した。 「動物的な松原くんと、知的な吉川くん」。タイプの異なる2人の並びで相手チームをかき回すことをイメージした。  英語で言えば「Intellect & Wild」。「サカオカマル」の強力クリーンアップを最大限に生かすためにも〝I&Wコンビ〟の復活は欠かせないものとなる。



二人とも結構良い働きなんですがまだ物足りないというか、
二人の能力からすればもっと出来るだろう?と言う場面が多いんですよね。
なんか早いカウントでやけにあっさり凡退したり、
チャンスでも今一つ粘りが見られなかったり。
もっと出塁率を上げる事や、粘る打席を見たいです。

去年実現した、2番に坂本を配した「流線型打線」もまた見てみたい気がするけれど、その場合、5番を安心して任せられる選手に人材が不足しているのと、松原を「とりあえず下位に置いとく」かたちになってしまうのが難。
そう考えると、1番もクリーンアップもこなせる亀井は、やっぱり得難い存在だったとつくづく思う。
日本シリーズには間に合うといいのだけれど。

この2人は切込隊長として、出塁率を上げなくてはならない
1試合で2回出塁すること
1安打、1四球でもいい
2四球でもいい
この2人が塁に出れば、坂岡丸が本塁に返してくれる、クリーンアップにつながる
特に吉川だろうな
吉川が出て、松原が送って、ランナー二塁の状況を作らないとね

吉川選手にしろ松原選手にしろ頭を任せられるなら、相手投手が嫌がるバッテングを徹底すべきである、原監督もそれを望んでいるはず。球を良く見極める、好球必打で簡単に終わらない、きわどい球にはファ―ルで逃げるなどして、四球を多くとる、足があるんだからセーフテーバンドもあり、とにかく何をするかわからないと相手投手を悩ませる打席で3-4番に繋ぐことを肝に銘じて欲しい。

坂本、丸の出塁力は圧倒的なものがある。本当はこの2人を2.3番に配置するのが良いに決まってるけど、5番の適任があまりにもいなすぎてこうするしかないのが現状。
吉川尚輝と松原には本当に頑張ってもらわないといけない。

吉川尚輝は、開幕当初は結構四球を選んで出塁していたが、最近はあまり見られない。松原にしてもしかり。巨人の得点能力は坂本、岡本、丸なので、二人の出塁が大きな鍵。これ以外勝利の道はない。

期待はしてるけど、何せバントヒットを狙う事をしたことが無いからな。どのピッチャーでも、追い込まれたカウントでも、常にバットを持つ位置を変えない。また、ファウルで粘りも余り見られない、足を活かすバッティングが出来てないよな。

松原は確かに頑張ってはいるが空振りが多い、もっとファウルで粘って相手投手を苦しめてほしい

三振多すぎる。
松原は気のないポップフライ多いし、吉川も初球から凡ゴロとかね。
粘りが無さすぎ。
良いときは運良くヒットとか多いけど
運任せじゃダメです。

ああやっぱり原も打順の組み方下手になってしまったか
普通に考えたら1番吉川で2番、3番、4番は去年の並びの方が絶対良いのにな
2番松原をやり始めた時から一貫して言ってるけど2番にOPS.690台の松原置く意味がわからない
去年メジャーリーグを参考にして2番坂本にしたって言って成功したのに逆行してんじゃん
松原は普通に良い選手だけど打率2割半ばでホームランも期待できるわけではない三振も規定未到達なのに三振ランキングに名前があるぐらいに多い
これで足が速いってだけで2番に置いてるとか理解できないね

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.