巨人ウィキペディ

巨人なら狙える?サイ・ヤング賞級右腕バウアー

2020/11/06
巨人 0
エースの菅野智之(31)が今オフ、ポスティングシステムを利用してメジャー挑戦するのはほぼ確実。プロ野球記録である開幕投手から13連勝した右腕の代わりを務められそうなのはチーム内に見当たらないし、かといってFAもアテにできない。かねて獲得を噂されていた中日・大野雄大(32)は残留が濃厚ともっぱらだ。

そんな状況下で、海の向こうでは大物投手に動きがあった。FA市場の目玉右腕が早くも今オフの市場に出たのだ。レッズのトレバー・バウアー(29)が日本時間5日、球団から提示された1年約20億円のクオリファイング・オファー(QO)を拒否した。バウアーは今季73イニングに登板して2完封、100奪三振、防御率1・73でサイ・ヤング賞が有力視されている。

本人は「MLB、NPBのオファーはすべて検討する」と表明しているから、つまりは日本球界入りも視野に入れていることになる。メジャー通算75勝(64敗)の右腕は今オフ、レッズを含めた複数のメジャー球団による争奪戦が予想されるとはいえ、日本球界入りの可能性はゼロではない。



巨人の資金力とはいえメジャー球団の出す金額はとてつもないしサイヤングが濃厚と言われているバウアーだし尚更獲得するのは厳しいのではないか。
バウアー自身の意思にもよるが。

バウアーは今年のメジャーの大減俸が根底にあるのだろう
40億円のトラウトですら8億円にまで下がったと言われている
仮に1年で20億円の契約が得られたとしても、もし今年と同様なら、そこから割合で減俸されるので4億円から5億円程になる
そうなると選手に対して1円の減俸も無かった日本を視野に入れているのだろう
メジャーの選手は根本的な部分の考え方が日本人と違う
野球はビジネスと捉えている選手も非常に多く、自身の通算成績やタイトルなどには無関心で、とにかく適度な休養と莫大な給料さえあれば構わないという考えを持つ人が多い
分かりやすい所だとWBCに微塵の興味も持たない選手はそういったタイプの選手
バウアー程の選手なら巨人やソフトバンクなら例年なら7億円くらいは用意できるだろう
しかしそれはあくまで例年通りなら
メジャーだけでなく日本もコロナで経営が苦しいのは同じなのだから

あれはリップサービスだと思う。
ただ、もし可能性があるとすれば
コロナの感染拡大が収まらない状況に嫌気がさして
アメリカよりは感染拡大が抑えられている日本へ
1年限定で移籍してくる可能性はあると思う。

実績のあるバウアーにお金を出せないメジャーがどうやって実績のない菅野に25億の金を用意できるのか?今シーズは特にメッツとヤンキースは目も当てられないくらい大打撃だったはず。
菅野は残留もあり得ると思う。60試合と通常の37%しか開催できていない。メジャーの選手が軒並みダウン提示を受けるのに菅野だけ25億払ってたら実績ある選手が黙ってない。田中ですら13億程度の契約になると言われている。

私はNHKのBSの番組でバウワー選手を始めて見ました。エコノミークラスで来日して、ARやモーションピクチャーでダルビッシュや田中将大の投球をとても熱心に研究してましたね。
もちろん今年は長期大型契約には厳しいと思うので、選択肢として日本も有るよと言うコメントは凄く効果的だと思うし、1年若しくは2年位来日して日本の映像技術力を借りて、以前の様にキチンと自分のフォームを再点検するのも有りそうですね。
しかも日本は安全だし、武漢コロナウィルスの影響も少ないし、食べ物も日本食が気に入ってたみたいだし、何より彼はMAJORでは“変り者”で通っていたらしいしね!
万が一来てくれたら、イニエスタみたいにめちゃくちゃ嬉しい!
バウワーの試合だけ、テレビ中継しちゃえば!

菅野が大リーグ行きを表明したわけでもない。憶測の記事でしょ?朝日系だからね。向こうの選手が取る年収は、日本の超一流のはるか上を行く。ソフトだろうが、巨人だろうが難しいでしょう。夢の話だよ。それに、大リーグで通用しても、日本野球で通用するかは別の話。

単年で11億なら日本にくる可能性はある。QOは162試合換算だから、来期は確実にできるかどうか疑わしい。ワクチンができる一年間を、比較的コロナの影響がない日本ですごし、再来年でメジャーの大型契約を狙いにいくのもありだ。

来てくれるかは別として、狙えるならオファー出してもらいたいもんだね
現実的に考えて
Jリーグにピーク過ぎたとはいえレジェンド引張ってきてる楽天か
資金力あるソフトバンクなら、本気出したら連れてきてくれるかもしれない

かなり無謀な話かもしれないが、世界トップクラスの力の投手を日本野球界で見てみたいですね。
もし仮に来たとしたら、防御率0点台もあり得そうです。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.