巨人ウィキペディ

巨人、原監督の頭上でWピースした“犯人“は誰??

2020/11/13
巨人 0
史上53人目の通算2000本安打を達成した巨人・坂本勇人内野手。それを記念して、巨人ナインが甲子園球場で記念撮影をした様子を巨人公式ツイッターが公開した。全員が同じ記念Tシャツを着用し、全員がピースサインで笑顔を見せている。心が温まる1枚に多くのファンから“いいね”が集まったが、よく見てみると……。

巨人公式ツイッターでは「#坂本勇人 #キャプテン #通算2000安打達成 #記念撮影」「#阪神タイガースのご厚意により、#甲子園球場で撮影させていただきました」と添えられ、球児の憧れの聖地でもあるグラウンドで撮った写真を公開。中央には坂本、原監督が並んでいる。原監督の後ろにいる岡本和真内野手はピースをする両手が監督の後頭部に手を揃えているようにも見える。  見ているこちらが戦々恐々としてしまうようだが、これもチームの雰囲気が良いからできるもの。この投稿には1万件を超える“いいね”が寄せられている。  この1枚には思わずファンも反応した。現役時代「若大将」と呼ばれた原監督から今季、新たな若大将と命名された岡本。「若大将やりやがった」「なんか修学旅行の写真みたい」「これは岡本にしかできない」「岡本選手度胸ある」「4番であるが故にギリギリ許される悪戯」「みんないい顔しています」「お茶吹き出しそうになった」とコメントが寄せられていた。



こんな神経してるから、土壇場で3割30本100打点達成したり、タイトル争いでもマイペースに勝っちゃったりするんでしょうね。
勝負が掛かった場面では、コレ今打ったらめっちゃ盛り上がりそうやなぁ〜って事しか考えないって言ってたし、ある意味1番巨人の4番向きじゃないかな。

今年セ界の二冠王でも、まだまだ若者らしくほほえましく感じられます。
岡本は胆力の強さを裏付ける試合中の揺るぎない泰然自若感、
頼もしさが一番の武器。
だからこそ、3年連続30本塁打を達成できるし、ホットコーナー
の3塁を堅守で守り抜けたのでしょうね。

この年で4番を張り2冠確実とは、やはり精神力が強くないと務まらないポジションだな。

坂本が岡本の事良い意味での鈍感って言ってたけど松井もそうだったよね、大田は真逆だったOBの意見に神経質になっていた感じがした、今後のドラフトは性格も十分加味して指名してほしい。

若くて実績もあり良い意味で鈍感な岡本くらいしかしないと思う
間違っても菅野は出来ない技だ

何日か前にこのニュースのタイトル見た時に誰だかすぐにわかりました。
こういうことをして許されるのは何をしても憎めない岡本和真しかいないですもの。
何度読んでもその都度大笑いしてしまいます。

これは原辰徳でもジョークで通じるからやっぱり岡本は凄い!
流石に二代目若大将は違う!
やはり坂本の次こそ次期キャプテンは間違いなく岡本だよな!

さすが岡本。巨人の四番はこれぐらい色々と太くないとね。
日本シリーズで2本は観たいな、豪快なホームラン。

素晴らしい鈍感力の持ち主。大成する人は鈍感力を持つ人が多い。

これで怒らない原監督も器がでかいな。
原監督って結構柔らかい思考されてるからでしょうね。
失礼ながら広岡さんだったら絶対怒ってそう。

これは原監督は見たのかな~笑笑
流石、岡本様だね

仕掛けてる岡本の顔がまた何とも。
いい。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.