巨人ウィキペディ

巨人・元木ヘッド「自分の言動がチームの命運を左右する」14日放送のバースデーで語る 

2020/11/14
巨人 0
 プロ野球巨人の元木大介ヘッドコーチ(48)が、14日放送のTBS「バース・デイ」(土曜後5・00)に出演。今季から巨人のヘッドコーチを務め、チームをリーグ2連覇に導くなど欠かせない存在になった元木ヘッドの手腕に迫る。  ヘッドコーチは監督の右腕。監督の指示をコーチや選手に伝え、時には選手たちの思いを監督に代弁する。いわば、チームの中間管理職といえるポジションだ。そんな役割に対して「自分の言動一つ一つがチームの命運を左右する」と語る。原監督や選手とのコミュニケーションが大事な仕事だと理解している。

さらに元木ヘッドに課せられている仕事はもう一つある。それはスタメンを決めるという最も重要な役割だ。そのため、元木ヘッドは常に1軍から3軍、育成選手に至るまで、全91人の選手の名前が貼られているボードを手にしている。何通りもの打順を考え試行錯誤を繰り返す日々を続けてきた。その中で、北村拓己内野手(25)や松原聖弥外野手(25)といった若手の選手を起用。巨人という伝統あるチームで大役を任され、その期待に見事応えてチームをリーグ2連覇に導いた。



良い意味で軽いし相談に乗れる。しかも、真剣に接してくれそう。宮本もそうだけど、指導能力云々より、選手はコーチの為にも頑張れると思う。

野球はもちろん知っている。そして、野球以外のことも知っている。
野球から離れて、外の世界から野球を観ていた時間がとても役に立っているのでは。技術だけではチームワークも図れない。そして、選手は育たなし、。それをよく知っているお二人ですね。それを見込んだ監督もさすがです。監督のコメント、采配、コーチの一挙一動がこんなに楽しみなチームは今までなかったような気がします。新しい「巨人」ですね。

昔元木のコメントでベンチにいて、プレイをしっかりみてないとヤジらない!!って事を言っていた。
ボールをしっかり追いかけて常にプレーを見て勉強し、自分の役割を考えるって。
このコメントだけでもいいプレイヤーだった事がわかる。
自身で勉強し、考えてやっていたのだから相手にも教えられるだろし、キャラ的にもいい意味で威圧感ないから選手もノビノビ野球ができそうでいい指導者なのでは??

中間管理者としては凄いと思う。
野球界以外に居たのもよかったのかな。
監督はどうなんだろう?
クセモノはなんか名将になりそうな予感

先輩後輩の厳しい時代に野球をしてきた人だからこその人って感じ
小学生時代から野球では有名だったし、野球もよくしってる
こんな指導者だったらいいよなぁ

まあ落合が野球センスは右に出るものはいないって言ってたぐらいだからね。
色んな意味で監督よりヘッドコーチの方が適職なのかもしれない。

軽く話しかけられる雰囲気が今の若い世代には合ってるのかも知れない。

タレントやってた人はコミュ力高いというより、モノを伝える力がある人が多いと思った。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.