巨人ウィキペディ

【巨人】岡本和真、公式戦最後の試合で100打点を目指す(残り3打点)

2020/11/14
巨人 0
岡本の言動に一切、慢心はなかった。1試合を残しリーグトップの31本塁打、97打点で自身初タイトルとなる2冠は手中に収めている。24歳以下での打点と本塁打の2冠は、98年の松井秀喜以来7人目だ。それでも「全日程が終わっていない」と14日のDeNA戦(横浜)に目を向け「最後の試合も集中して、いつも通りのプレーを心がけます。結果は全てが終わってからです」と言い切った。  2年ぶりの100打点まであと「3」と迫る。24歳シーズンで2度目の30本塁打&100打点に到達すればリーグで4人目。過去には王貞治(1963、64年)、松井秀喜(97、98年)、山田哲人(15、16年)しかいない快挙だ。

シーズン最終戦だった18年10月9日の阪神戦(甲子園)では、最終打席の8回に2打席連続となる33号2ランを放ち100打点に到達。史上最年少での「3割・30本・100打点」を達成した。ミラクルを起こした男だけに、最終戦の最終打席まで目が離せない



2年前の事があるから期待せずにいられない。
しかもあと3打点とか絶妙な数字!笑
結局優勝決まってからもファンとして消化試合は一切なくレギュラーシーズン最後まで楽しめて有り難い。

18年の甲子園最終戦最終打席でホームランを打って100打点に乗せた時の衝撃は今でも忘れられません。
巨人の4番としての覚悟
絶対に天狗にならず上を目指す姿勢は
いつもすごいなと思います。
やってくれる男岡本様!期待してます!

岡本が打てば、今日は良かったと思える選手。
松井秀喜以来だなぁ。こんな気分でみれるのは!

生え抜きの本塁打王をどれだけ待ち望んだことか。
嬉しくて涙出るわ。
2年前の甲子園みたく最終打席スリーランで決まり。

100打点到達には1~3番の出塁が鍵になりますね。吉川、松原、坂本には岡本さんのためにもいい働きを期待してますよ。

3割、30本、100打点は岡本が最年少だったんですね。今さらですが、改めて凄い選手だなと。
今季も残り10試合の時点では、最後の最後でここまで数字を伸ばしてくるとは思わなかったです。ラスト1試合、楽しみです。

ミスター・スリーランの異名があるので、6,7回の三打席目ぐらいで打ってくれるでしょ! 最後に1発打って、日本シリーズの為に、本人にも、チームにも景気づけの花火を上げて欲しいね。

とりあえず岡本の前にランナー溜めれば、彼なら勝手に打点を稼ぐだろ位の期待感がある。
彼はすでに一昨年の阪神戦で体現しているしね。

最近の本塁打も3ランが多いし、最終戦で3ランで決めて欲しい。
あの確信歩きを見たい!

最終戦、巨人の四番があと3打点で100打点達成。
岡本はどこまでも魅せる男だ。
あとは最後に理想のシナリオを実現してほしい。

今期は試合数が少ないからすでに2年前以上の成績と言える。日本シリーズも頑張ってください。

是非とも岡本選手の前にランナーを2人出して欲しい。
スリーランで100打点を!

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.