巨人ウィキペディ

【巨人】岡本和真が感謝の言葉 医療従事者、裏方、コーチへ「いろんな人がサポートしてくれた」本塁打&打点の2冠王が確定

2020/11/14
巨人 0
巨人の岡本和真内野手(24)が、本塁打(31)&打点(97)の2冠を手にした。今季は新型コロナの影響で例年より少ない120試合制だったが、圧倒した成績で自身初タイトルを手にした。24歳以下での打点と本塁打の2冠は、98年の松井秀喜以来7人目となった。

試合後、岡本は「まずは、こうしたコロナ禍の中で野球をさせてもらえるという感謝の気持ちが一番あります。野球が出来る喜びを感じながらやっていた」と振り返った。  医療従事者、打撃投手などの裏方さんたち、コーチへ向けて「いろんな人がサポートしてくれた。自主トレから裏方さん、バッティングピッチャー、コーチの皆さんもそうですし、皆さんがやりやすいようにサポートしてくれました。そのおかげでタイトルを取れたと思いますし、優勝もできたと思っています。最後は日本一になって、しっかり喜んでもらえるように頑張りたいと思います」と感謝の思いを述べた。



口開けてボケッとしてて威厳がないとかOBがゴチャゴチャ言ってた時期もあったけど、立派にそだったね、彼なりに色々考えて自分なりの4番でいてくれたらそれでいい

周りに配慮と感謝ができて人間的にも成長してるね
慢心することなく野球道を極めて欲しい

聞くところによれば、この岡本選手は現在でも試合が終了した後、若い者たちと一緒に球具その他の後片付けをやっているとか。巨人軍のバリバリの4番打者が驕り高ぶることなく人間的にもしっかりしていると思う。

コロナ禍で不本意ではありますがこの時期までプロ野球がを楽しめたことに対して尽力してくれた関係者の皆様に感謝申しあげます。併せまして毎日コロナの対応に当たっている医療従事者の方々にも感謝申しあげます。読売ジャイアンツの皆さん、どうか素晴らしい日本シリーズを期待しています。

良かったよ‥阿部から坂本の世代に変わる時は
阿部が‥もうレギュラーとして使えない状態で‥上手く世代交代がいってないとまで言われた
良かったよ‥坂本や菅野が元気なうちに
岡本や戸郷といった若手が出てきてくれて
次世代のスターがいて!

やっぱり最初はコロナの事が心配だったと思う。坂本や大城も感染したし、いつ感染するか分からない不安もあったと思うしね。でもPCR検査もしっかりできたし、思いきって野球に取り組めたのも大きかったね。野球選手は野球ができる喜びもあっただろうし、今ではファンも観戦できるようになったしね。その前で結果を残してタイトルも取ったんだ。球場で観戦した人達やテレビで観戦した人達もその瞬間だけはコロナを忘れる事はできる。タイトルを取ったのはカッコいいよ。

岡本選手、二冠おめでとう♪巨人の四番って、本当は凄い事。なんとなく、まだ、あどけなさが残ってるのに、本当に心は闘志燃やしてるんだろうね♪これからも岡本らしく、来年は是非三冠目指して、頑張ってね。日本シリーズ楽しみにしてるね♪

鈴木誠也に村上、大山や丸もいる中で、見事に2冠獲得。
本当に素晴らしいね。
まだまだ伸びそうだ!

岡本選手お疲れ様でした、素晴らしいです。優秀な成績収めた時に天狗になるのではなく、周りに感謝出来る姿勢、本当に素晴らしい。

岡本が、世話になってると思っている人達に、感謝の気持ちを素直に表しているのは、将来に繋がる意味で良いことだ!!

ジャイアンツ4連敗とか言ってる人いるけどやってみないと分からない!ジャイアンツ頑張れ!

試合が少ない中での30本に価値がある

関わって下さった全ての人達に感謝するのは大切だね。日本シリーズで暴れまくって更に感謝の意を表現してね!

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.