巨人ウィキペディ

巨人・大城 キャリアハイ7号は値千金の勝ち越しアーチ

2020/09/09
巨人 0
 巨人の大城卓三捕手(27)が中日戦(ナゴヤD)で自身のキャリアハイとなる7号勝ち越しアーチを放った。  「7番・捕手」で先発出場した大城は3―3の同点に追いつかれた直後の7回に先頭打者として打席に入り、この回から代わった3番手左腕・福の代わりバナを叩いた。フルカウントで粘った8球目、真ん中直球を左翼スタンドへ叩き込んだ。

大城は左投手に弱い。とかいう見る目を疑う様なコメントもあったが、福は左打者には今シーズン被本塁打は0。 打たれた瞬間の、福の“マジか”と呟いた事を見ても、大城の凄さが解る。

いつの間にか、丸や岡本に見劣りしないような成績になっとる…
色々言われてるけど、捕手(やショート)が打てると得点力の差がすごい。

最近、バッティングもリードもいいよね。
で、気になっているのが、戸郷みたいに炭谷がスタメンの日。
中島がお疲れ気味だし、ファーストスタメンもありそう。

大城を育ててみたいとノムさんに言わせた素質は本物でしたね。

同点にされてイヤーなムードだったけど大城が救ってくれたな。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.