巨人ウィキペディ

【巨人】菅野智之、被本塁打率0・63「開き直れる部分も」、本境地で驚異の数値

2020/11/17
巨人 0
東京ドームを本拠地とする巨人選手で、シーズン最も顕著な活躍をした選手に贈られる「東京ドームMVP賞」(副賞300万円)が17日に発表され、菅野智之投手(31)が受賞した。  自身2年ぶり4度目の東京ドームMVP賞受賞(その他にプロ1年目の13年に同賞の新人特別賞も受賞している)。松井秀喜阿部慎之助坂本勇人の3度を超え、球団歴代最多受賞回数となった。  今季は東京Dで12先発、8勝2敗、2完封、防御率2・10。他球場よりも比較的、本塁打が出やすく「打者有利」と言われるこの球場で、85回2/3を投げて被本塁打わずか6本。9イニング平均の「被本塁打率」は0・63本と圧倒した。



ピッチャーとして4回も受賞しているのは素晴らしい事だと思います。
打者有利の、バックスクリーンに向かう風があるなんていう都市伝説みたいな話すらあるわけで。
その実力、大阪や福岡のドームでも発揮してほしい。

今年は被本塁打の改善が大きかったですね。去年とほぼ同じイニング数で12本も減ってますからね。登板2度目の神宮でのゲーム以外はすべて役割を果たしたのではないでしょうか。

日本一が次の目標ですな
頼むぞ智之

結構HRを打たれる印象があったけど、そんなに打たれていなかったんですね

アンチの人達は、毎年この件に関しては何も言わないくせに、HRとなれば必ずドームランと口を揃えて言うよね。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.