巨人ウィキペディ

ソフトバンクにリベンジするために必要なのは・・巨人OB川相氏、エース菅野は「フル回転で」

2020/11/18
野球 0
 16日に放送された『ショウアップナイター スポーツ』に電話出演したニッポン放送ショウアップナイター解説者の川相昌弘氏が、巨人のエース・菅野智之を日本シリーズの“投手”のキーマンにあげた。

川相氏は「今年は菅野がシーズン通して活躍しましたし、若い投手などもいますが、やっぱり菅野じゃないですか。菅野が投げる試合は2勝。日本一を決める試合で1セーブ。菅野にかかっている。フル回転でいいんじゃないかなと思います」と自身の見解を述べた。

番組中、松本秀夫アナウンサーから「中4日での第5戦は?」と振られると、川相氏は「最初から決めていくのか、1、2、3戦の様子を見て6戦を5戦にするのか、状況を見てやる可能性がある。とにかく菅野が投げた試合に勝つ。まずそれでいかないと、展開的には厳しい」と話した。



田中将大がいた時の楽天は田中を第2戦に先発
させたのを思い出しました。その後6戦先発、
最終戦リリーフでした。
意外に菅野もこの感じで第2戦先発で確実に
最初の2試合で一つ取りに行くのも
ありかもしれませんね。

1戦先発して球数多ければ5戦先発、7戦中継ぎ待機。
1戦先発して球数少なければ4戦先発、更に球数次第で7戦先発もしくは中継ぎ待機。
昔のような4連投はもう絶対見れないけど、これくらいのフル回転は見てみたいなという勝手な願望…。

5戦目が1勝3敗の大手をかけられた状態なら菅野でしょう。もし2勝2敗のタイで5戦目を菅野で負けると6戦目も一気に持っていかれる流れになるのが怖い。3勝1敗の場合、まだ2つ負けられるのだから温存という感じかな。

確かにね。
2連敗スタートしたら6戦目まで行くのは絶望的となってしまいかねないから。
本当の意味でフル回転するつもりならば、やはり中4日で第5戦、そして中2日で第7戦リリーフ待機じゃないかな。
そこまで行くようなら楽しめるけどっていう期待を込めて。

川相氏に賛成です。ただ野球は点をとれないと勝てない。打線の方も特に菅野の試合は何としてでもまず塁に出るという覚悟が必要だろう。

菅野はもちろんだが、それ以外でも2勝が必要になるのでその他の先発陣にもなめんなぐらいの気持ちで何とか力投してほしい。

しっかり投げて、結果を出して欲しいな。
もしこれが日本で最後のピッチングになるならね。

菅野頼みなのは間違いないが菅野1人では勝てない

(引用元)



スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.