巨人ウィキペディ

巨人が高卒2年目の直江、昨年、2軍首位打者だった山下を自由契約に 育成で再契約を打診へ

2020/11/19
巨人 0
巨人は19日、ともに高卒2年目の直江大輔投手(20)、山下航汰外野手(20)を自由契約とすることを発表した。2選手には育成選手としての契約を打診する見通し。  直江は今季プロ初登板を果たすなど3試合に登板したが、10月中旬に腰部椎間板ヘルニアの手術を受けていた。山下は開幕前に右手有鈎骨を骨折。8月に実戦復帰も、今度は下半身のコンディション不良でリハビリ組で調整していた。



故障で来年の開幕、あるいは春キャンプに間に合いそうにない若手選手は、みんな一度育成契約にするんでしょうね。
その中から復帰の目処が立てば、また支配下に戻すのだと思います。
1人でもチームから去る人数を減らすための作戦でしょうから仕方ないですね。
(これらの選手を支配下に残すということは、他の選手を切らなければならなくなるということ)

山下ってかなり有望な選手じゃなかった?枠空ける為だとしても、育成落ちって、他球団が支配下で獲得希望したら取れちゃうんじゃなかったっけ?
どこか取れば面白いけど、巨人がしっかり囲ってるかな

山下は高卒2年目の昨年のファーム首位打者なので育成選手はFAの補償から外れるからプロテクト逃れと言われても仕方ない制度の盲点をついた方法だと思う。FAの補償を育成迄広げたら何の問題もないんだけどね。

FAのための育成枠プロテクトだと思われる(^-^)
プロテクトできない有望な若手が多過ぎてどうするんやろって思ってたらさすがに上手い抜け道使って来たね~

結果山下何処の怪我の影響が長引って
いるかか知りたい

おいおい、この二人もかよ(゚д゚)!

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.