巨人ウィキペディ

巨人 新キャプテン最有力候補に岡本が浮上 小林失速で坂本の後継構想に変化か

2020/11/20
巨人 0
大逆転で第20代キャプテンに就任か――。巨人の主砲・岡本和真内野手(24)が来季にも新主将になる可能性が浮上している。現主将の坂本勇人内野手(31)は日本一を達成すれば、その座を後輩選手に禅譲する方針。当初の大本命は小林誠司捕手(31)だったが、3年連続で30本塁打以上をマークするなど岡本が不動の4番となったことで後釜レースは急展開を見せている。

昨年の日本シリーズで屈辱の4タテを食らった巨人にとって、最重要課題は日本一奪回だ。なかでも4番の重責を担う岡本は汚名返上に燃えている。昨年の頂上決戦では打率1割8分8厘(16打数3安打)、1本塁打、3打点と失速。チームを頂点に導けなかった。そんな悔しさもあり、開戦2日前の19日には「早く試合がしたいですね。試合が楽しみで仕方ないです」とアドレナリンを充満させていた。

8年ぶりの栄冠奪取となれば、巨人内の勢力図も大きく変容する可能性がある。昨季終了後、坂本は主将退任を球団に申し出て、原監督から「日本一になってから」と慰留された経緯があるからだ。当時、坂本が本紙に明かしていた禅譲理由は「(自分の)次にちゃんとできる人が出てこなきゃいけない。僕は別にキャプテンじゃなくてもできますから」だった。立場が人を変え、主将の重責がひと回り大きく成長させることもある。それを願ってのことだった。

日本一が絶対条件となるだろうが、岡本が新主将となればどんな成長を遂げ、チームに化学反応をもたらすのか。ちなみに昨年の球宴では広島・緒方監督(当時)から全セの主将に任命され、円陣では「ツベコベ言うヤツはシバき倒していくんで」と先輩のスター選手たちに言い放ち、爆笑を誘っていたが…。いずれにせよ、今後の戦いから目が離せない。



年上にもお前なにやっとんじゃと言えるのは大きい
意外と年下に強いけど年上に何も言えないの多い
岡本はその点は無敵だから

シリーズ開幕前の密着取材では四番としての責任や坂本さんの後は自分が引っ張っていくと言いきったあたりキャプテンとしての自覚を持ち始めていると感じたので、岡本が次期キャプテンになることを支持します。
キャプテンに就任してまた一皮剥けて欲しいですね。

岡本がいいと思います。キャプテン問題よ明日からの日本シリーズですいい結果が欲しい。先ず初戦の菅野で勝って欲しい。

岡本が時期キャプテンは大賛成。人間的にもさらに一回り成長するチャンス。坂本も岡本なら納得でしょう。年齢は先輩だけど、吉川尚輝、若林、田中あたりを引っ張っていって欲しい。

岡本さんで良いと思う。
でもそうなるにはやっぱり日本一になって坂本の肩の荷を下ろしてあげてから気持ちよく引き継がせてあげたいだろうし、何としても今年は去年のリベンジしないとね。
坂本の負担を少しでも減らしてまだまだ現役続けてもらわなきゃならないし。

まだまだ坂本も現役だろうし、少し早めに交代してサポートしてもらいながらのキャプテンもいいかもですね。
坂本も阿部に助言を貰ってたでしょうし、その方がいいと思っての判断でしょう。

勇人の2000本安打達成記念撮影で、
監督の頭上で鬼の角に見立てたVサイン作れる図太さは
岡本以外に居ない。
多分良いキャプテンになるでしょう。

まだ、若いから少し荷が重いのでは?と思ってたけど、最後の「…シバキ倒していくんで」を読んで、行けそうな気がしてきた。

ぼーっとした風貌ですが、やる事はやるし先輩、後輩から慕われる感じです。

阿部から坂本
坂本から岡本
チームはこの流れになるだろう

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.