巨人ウィキペディ

巨人・菅野、無念の6回4失点で降板 栗原1人に3安打4打点

2020/11/21
巨人 0
 巨人の菅野智之投手は無念の4失点降板となった。21日に京セラドームで行われた「SMBC日本シリーズ2020」第1戦。先発を託された菅野は6回6安打4失点でマウンドを降りた。

大事な第1戦を任された菅野だったが、4失点でマウンドを降りた。2回、栗原に甘くなったスライダーを運ばれて先制の2ランを被弾。その後は立て直して無失点を続けていたが、6回2死一、三塁で再び栗原に左中間を破る2点適時二塁打を浴びた。



2死ランナー無しから死球が駄目
1点を防ぐ守備でヒットになり1,3塁になったのは不運だったが明らかにタイミングの合ってる栗原と勝負が解せなかった

菅野で勝てなさそう。
これで、ソフトバンクファンは終戦だーと、歓喜だな。
ふー…
巨人ファンは、ここから頑張ってくれることを願うばかりだ。

今大会のラッキーボーイなのかもね。
大体そう言う選手が
出てくるチームが勝つ流れあるからね。

周東中村晃柳田は封じてる
それでも4点もぎとってくるのは末恐ろしい

菅野でこれか。広島ファンだからセリーグ応援してるが、なんだかなあ。丸のゲッツーで流れがいったな。広島時代からほんま弱い。

ジワリ追加点。栗原一人にしてやれ‥流れは下馬評のままに。

戸郷は日本シリーズだけ中継ぎ抑えで使うのかな?

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.