巨人ウィキペディ

巨人、ソフトバンクの“真っ直ぐ”が打てない衝撃 「リアルにロッテより弱い」の声がネット上で・・・

2020/11/23
野球 0
わずか39秒の中に巨人・原辰徳監督の屈辱が詰め込まれていた。 「やはり流れがこっちに来ないというかね。最初に渡してしまったというね。(移動日で)明日1日ありますから。猛練習して、明後日に備えますよ。以上!」
取材に立ち会った記者によると至って穏やかな口調だったが、顔は少し紅潮していたという。

巨人の日本シリーズでの失点記録を更新する大敗で2連敗のスタート。一方、4連覇を狙うソフトバンクは、これでシリーズは3年越しの10連勝と圧倒的な強さが際立つばかりだ。

「もはやDHうんぬんというだけの問題ではない。根本的なチーム作り、ドラフトや外国人選手の獲得など編成全般の問題が、これだけの差を生んでいるのでしょう」  こう呻いたのはあるセ・リーグ関係者だった。

完全な力負けが続く。 まず巨人打線がソフトバンクの繰り出す投手のパワーピッチが、真っ直ぐが打てないのだ。
真っ直ぐに振り遅れるから、ソフトバンクの投手陣は変化球を交えながら、真っ直ぐで押しさえすれば打たれないとばかりにパワーピッチで攻め立ててくる。 分かっていてもその真っ直ぐを打ち返せないのだから、勝負の行方は明らかである。 実は戦前、昨年の4連敗を振り返って、ソフトバンクと巨人の差を原監督に問うたことがあった。 「それはパワー。パワーの差だと思います」
どうしようもない溝。監督の采配力だけでは、埋められない彼我の差。この2試合で巨人が改めて見せつけられたのが、この根本的な問題点だったはずである。



みんな気がついてると思うけど巨人の全得点はウィーラーなんだよなぁ。パ・リーグから移籍してきたからパ・リーグの投手の速球に対応出来てる。もしウィーラーを獲得してなかったら2試合とも完封負けだった可能性がかなりあっただろうね

私は巨人ファンですが、パリーグの試合は見ていてやっぱり面白い!!
力勝負出来る投手も多いですし、盗塁も圧倒的に多い。特徴のある選手が非常に多いです!
しかも、今年の日本シリーズの巨人はやたら横綱みたいな野球をしたがる。セフティーバントでも何でもしてって言う気概も感じません。綺麗には勝てる戦力ではないです。紳士たれ!じゃなくて泥んこになってください!!
メンタル弱すぎです!
果たして、セリーグ選抜とソフトバンクでどちらが強いんだろう…という気がします

パリーグはソフトバンクのおかげでリーグ全体の力が底上げされているし、打倒鷹でやっているからセリーグはパリーグにはあまり勝てないと思う。

グラシアルの三塁へのヘッドスライディングが、チームの意識の高さの違いを物語っていると思います。

人気のセリーグ、実力のパリーグと
言いたいところだけど

パリーグも各地域でしっかり
集客もできてるから
人気もセリーグに追いついてるよね。
最下位のオリックスでさえ毎試合2万人くらい
集まれてるから、人気面での違いは
全国放送のテレビで扱われるかどうかの違いしか
ないのかも。
この日本シリーズを機に
セリーグにも変化が起きると
おもしろいね

西武ファンです。うちの平良を巨人を含むセのチーム相手に投げさせてみたいです。
ソフトバンクの投手陣にも勝るとも劣らない剛球(最速160キロ)を持ってます。
それをランナーの有無に関わらずクイックで放ります。
セの打者が果たしてその独特のタイミングに合わせることができるか、興味あります。
来年はおそらく交流戦復活するでしょうから、そのとき見れますかね。

生きた150キロ超えのボールにどれだけ対しているかだと思う。
ソフトバンクのピッチャーは、打ってみろとばかりにストレートを投げ込んでくる。
右の本格派は150キロが標準装備。
甲斐選手もど真ん中に構えてストレートを要求する懐の広さがある。
単純に速い球には魅力を感じる。
第3戦も力勝負に期待したい。

巨人ファンで、セリーグを独走優勝して嬉しい限りでしたが日本シリーズでのこの連敗。。
当分前から交流戦でもパリーグが優勢で強いのはわかってましたが、ここまで差が広がっているとは。
巨人でこれだから、パの1位とセの6位はどんだけ差があるんや。。

そりゃ今や千賀や石川のパワーピッチャーがホークスには居るけど、その前にはダルビッシュやマー君や大谷に投げ勝たないともしくは打線が引き摺り下ろさないと勝てなかったんだから先発投手も気合い入れて投げるし、その先発に何とか勝ちをつけてあげたいと野手も監督もコーチも出来る事を考えるからチーム全体がレベルが上がる、しいてはリーグ全体のレベルが上がるって事でしょう。オリックスの西が阪神に居ながらあれだけ活躍してるのはパリーグの打者に比べたら怖くないからね。

何はともあれ、パ・リーグは本当に強くなった。昔はセ・リーグが大人気で、テレビ中継も巨人戦だけ。パ・リーグは閑古鳥が鳴く不人気。入団拒否多発。でも、近年地道にスカウトを実施し、施設を整備し、選手を育て、強さで客と選手を呼べる様になった。また、ドラフトでも有力選手をことごとくパ・リーグが獲得して更に戦力を増強。結果、巨人戦の人気と金にあぐらをかいていたセ・リーグのチームは没落。ホークスの強さ、パ・リーグの強さは当然ですね。

ソフトバンクのピッチャーも速いですけど、その他のパ・リーグのピッチャーも速いしなかなか打てませんよ。ロッテも二木や岩下、西武は高橋や平良、楽天は松井や則本、日ハムは有原、オリックスは山本山岡コンビ!すぐ思いつくのでこんだけの速球投手いますし、他のにもゴロゴロいますから。あ!あと巨人から来た沢村もコントロールが良ければなかなか打てません

もちろん、まだ終わってないのでなんとも言えないですが、ホークスの野球はパ・リーグで切磋琢磨したから強くなった
直近5年でもライオンズ、ファイターズはリーグ優勝してホークスを凌駕する年もあり、マリーンズ、イーグルスもリーグ、CSでギリギリの勝負をしている
バッファローズも結果は出ないが、山本由伸、田島、吉田正など来季以降、チームは更なる飛躍を感じさせる
確かに、ホークスは資金力があり、選手層が厚いため、他の5球団ば厳しい面もある
ただパ・リーグは、だから無理、ではなく、置かれた現状で球団、選手共に最大限の努力を欠かしていないのは明白である

ファイターズファンです。今季もう何度も何度も味わってきたホークスの強さ。豪快な打撃や豪速球が話題になりがちだけど、先を狙う走塁、全力疾走、ここぞの犠打や犠飛、手堅い守り、本当に隙のない野球をします。そして勝利への執念、意識。
ただこのシリーズ、ホークスもまだ本調子ではないと見ています。今季終盤のホークスの戦いは本当に凄まじかった。CSから少し期間が空いたのもあるのかもしれません。
ホークスの強さはまだまだこんなもんじゃない!

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.