巨人ウィキペディ

【日本シリーズ・第3戦】巨人・原監督は打線の大幅な組み替えを否定「こういうチームで勝ってきたんだ」

2020/11/24
巨人 0
巨人の原辰徳監督(62)が「不動心」で24日のソフトバンクとの日本シリーズ第3戦(ペイペイ)に臨む。

指揮官は円陣で約2分間の訓示を行い「さあ、行こう!」と声をかけ練習をスタート。ナインは投内連係、シートノック、打撃練習で汗を流した。
2戦わずか3得点と打線が湿っているが指揮官は「そんなに動かすところはないとは思うんだけど」と3番坂本、4番岡本、5番丸のクリーンアップを中心とする打線の大幅な改造を否定した。

一方でここまでチームの全3打点を稼いでいる8番ウィーラーについては第3戦の相手先発が左腕・ムーアということもあり「(調子が)いいじゃない」と打順昇格の可能性を示唆。その上で「日本シリーズというのはさ、『こういうチームで勝ってきたんだ』というのだからね」と今季の戦いの総決算としてペナントレースの主要メンバーで戦う覚悟を見せた。



短期決戦はどれだけ調子の良い人を使えるか。シーズン120試合とは訳が違うんだよ。そうやって意固地になってたら去年みたいに4タテで負けるよ。

自分たちの野球は崩さなくて良いが、まずは期待するお客さんのためにも、全力プレーをしてください。
セリーグのチャンピオンとして。

セ・リーグではこういうチームで勝てたかも知れないが、相手がソフトバンクなのに変なプライド持ってこの打順にこだわるのは無能と言わざるを得ない。調子の良いウィーラーが楽天の戦力外だから主軸に置けないみたいな考えを持っているのなら今後巨人がパ・リーグに勝つ事は無いだろう。

どっちが勝つかわからないようなハラハラドキドキした試合展開を期待します。巨人は初心に返って、ホークスは勢いそのままでプレーしてもらって、いい日本シリーズにして下さい。

原監督お願いです。
奇策を考えて下さい。
後、宮本さん、相川さん以下コーチ陣の皆さん、バッテリーを熟考して下さい。
原監督に直談判出来るでしょ?
って言うかホークス相手に勝てる気がしませんが一泡吹かせましょうよ!

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.