巨人ウィキペディ

巨人担当記者が見た3試合での力の差 得点圏打率14打席で0割…好機で力負け

2020/11/25
巨人 0
巨人とソフトバンクの差はどこにあるのか。シリーズ3試合を現地で取材した巨人の担当記者3人が、「投手」、「打撃」、「走塁」の3部門それぞれを分析した。

【打撃】巨人の3試合の全3得点はウィーラーの犠飛と2ランで得点圏打率は14打数無安打の・000。対するソフトバンクは・357だ。レギュラーシーズンの得点圏打率は岡本がリーグ3位の・347、坂本が同4位の・337だが、2人が得点圏で打席が回ったのは3戦で各1度だけ。少ない好機を生かせていない。

千賀、石川、ムーアの先発3投手にリリーフのモイネロや森の直球の最速は150キロ超え。巨人打線はその球威に対応できていない。この試合で前に飛んだ21球のうち、外野まで届いたのは、丸の安打を除けば3球しかなかった。 甘い球でも押し込まれてファウルになってしまう。苦しいカウントに追い込まれ、ボール球になる変化球にも手が出てしまう。負のスパイラルにはまってしまっている。


yb1*****
日本シリーズ全試合でタイムリーなしに終わると記録になるのでしょうか?
ちなみにかの有名な33-4を調べてみると、阪神の得点は1戦目は藤本の犠牲フライ、3戦目は関本の内野ゴロで、こちらも3戦目までタイムリーがなかった。
4戦目に今岡と代打桧山がタイムリーを打ち、タイムリーなしは回避しています。(HRは最後までなし)

打撃陣の不甲斐なさについては、レギュラーそれも中心選手が軒並み打てないことに加え、8回の代打陣に象徴されるように層があまりに薄いこと。。
選手層の違いと言えばそれまでだけど、あの代打陣で巨人の得点を期待できた視聴者はよほどの巨人ファン以外には居ないと思うよ。。。

勝負以前の問題。完全に飲まれ、萎縮し、ガチガチ。考えすぎなのだろう。

それもあるけど、SB投手陣の真っ直ぐをまともに打ち返せない。力不足としか言えない。

坂本岡本丸が3試合で31の5。.016じゃ勝てる訳ない。

3割を超える打者じゃないと、ソフトB投手は打てないかい。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.