巨人ウィキペディ

ブルペン支える大江竜聖、高梨雄平、中川皓太の左トリオ…3人で被打率・133

2020/09/05
巨人 0
中川は24登板で防御率0・77、被安打率1割7分5厘。サイドスローに転向して今季途中から1軍昇格した大江は20登板で防御率2・21、被打率1割2分3厘。7月下旬に楽天からトレード移籍で新加入した変則投法の高梨は、18登板で防御率0・55、被打率0割8分、特に対右打者は26打数1安打、3分8厘と好成績を残している。左腕トリオの平均被打率は1割3分3厘という安定感で鉄壁ブルペンを支えている。





大江投手は中川投手や高梨投手に色々アドバイスを貰えるし、これからもっと成長してくれると思う(*^_^*)

中川投手はやっぱり凄いし、高梨投手は楽天から来てくれて本当に良かった。

巨人からしたら、高梨の加入は本当に良かったですね。
本当にありがたい。

また大江君は、過去に自主トレを杉内俊哉と一緒にやったこともあり、ファームでも杉内から色々とアドバイスをもらっていましたね。
ようやく実力になり結果にも現れています。

新しい戦力が活躍するで、主力も刺激になり選手層がさらに増しますね。

優勝に向けて引き続き頑張ってもらいたい。

中川は去年から凄い頑張ってるし、そこに大江と高梨がきてさらに凄みが増したね!
安定感もあるし、大江は2人からも色々聞けると思うしこっからまたきつい時期が始まるからそれを支えて欲しい!

移籍前に集めた高梨の情報はフォームの割に球は強い反面四球も多めと伺ってましたが実際投球内容を見てると紙一重の投手(勿論高梨なりに打者を攻めた上での事ですが)なのかもしれませんね…

そして今の大江を見てるとプロ野球選手として生き残る術はこうあるべきと見せられてる気もしなくもありませんね(笑)

中川も含め高梨の移籍によって相乗効果はある(中川や大江も相手の懐へ投じる場面も増えた)ので楽天さんには感謝しかありません

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.