巨人ウィキペディ

巨人ドラ4 ENEOS・伊藤、今大会最速156キロ!今後の若手に期待!

2020/11/28
巨人 0
都市対抗野球第7日 ENEOS―Honda(2020年11月28日 東京ドーム)

巨人からドラフト4位指名されたENEOS・伊藤優輔投手(23)が今大会最速156キロを計測した。 東京ドームがざわついた。伊藤は同点の7回から登板。150キロ台を連発し2死を取ると、9番・千野の6球目に、今大会最速156キロをマークした。 伊藤は都小山台―中大を経て昨春、三菱パワーに入社。チームは9月中旬の都市対抗西関東予選で敗れ、本戦出場はならなかったが、ENEOSの補強選手としてメンバー入り。約1カ月前のドラフト会議で巨人に4位指名された後、初体験の東京ドームで、いきなり今大会最速&自己最速を計測した。



「ソフトバンクの中継ぎは、速いのばかり。一方巨人の中継ぎは遅い」と言われているだけに、伊藤を指名して良かったな。
1位の平内も、156キロ出る投手。巨人もSB打倒にこういう投手をどんどん集めてゆくのがいい。

中大3年の東都春季リーグで打球を左膝に受けて骨折した試合を見ていたんですが、良くそこから復活したと思います。
プロでの更なる活躍を祈ってます。

ゆくゆくはクローザーとして頑張って欲しいけど、来季はまずセットアッパーとして頑張って欲しい。
こういうパワーで押す投手がいないと、ソフトバンクには勝てないのでね。

一年目からリリーフで頑張って欲しい。
巨人の特徴の無いアマチュアレベル選手を全て首にできるくらいの選手になれるようなレベルの底上げ選手の先陣に立って欲しいと願う。

これは嬉しいね。コントロールも大事だけど、まずは強い球を投げれる選手を集め鍛えていくことが大事。小さくまとまらないように育って欲しいね。

来年が楽しみだ。ジャイアンツにも豪速球がいるんだから、それらを生かして行かないと。理想は一軍投手の半分が、155キロ投げれるようになれば。
ちな巨人ファンより。

巨人のピッチャーはパワーピッチャー少ないので 球速いのは 期待出来る。制球力アップすれば 楽しみ。

地元東京の選手だし、右のセットアッパーで期待しています!

初年度から一軍で頑張ってくれい!

うわぁ!凄いなぁ!

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.