巨人ウィキペディ

桑田真澄氏 「約20億の違いがあるんです」ソフトバンクと巨人の差を解説

2020/11/29
野球 0


スポーツ報知評論家の
桑田真澄氏が29日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)にリモート生出演した。  番組では、ソフトバンクが「SMBC 日本シリーズ2020」で2年連続で巨人に4連勝し日本一になったことを報じた。

桑田氏はソフトバンクと巨人の差を「フロント」と「選手」と指摘。フロントについて「一言で言いますと、豊富な資金力を生かして結果を出したということです」とした上で「選手の総年俸を調べますとジャイアンツは43億円で12球団でも2位なんですけど、その上をいっているソフトバンクは65億円を使って約20億の違いがあるんです。その資金力を生かしてまず環境を整備し選手を発掘する。そして競争する場を作り上げる。指導者とフロントの情熱ですよね」と分析した。

さらに選手について「本来のスポーツのあり方を実践したと思っています」とし「日本のスポーツ全体そうなんですけど勝負の厳しさばかり前面に出て楽しむという要素が欠けている。今回ソフトバンクの選手を見ていると自分で考え、選手同士が協力してプレーしているように見えた」と分析した。

 その上で「一方、ジャイアンツは指示待ち。本来の(これまでの)野球界のあり方ですよね。指示待ちのスポーツをしていた。(ソフトバンクは)新しい時代の野球を選手たちも実践して楽しく自分で考えてプレーしていた。非常に対照的に見えたシリーズ」と解説した。  さらに「選手も個々の実力も大事だと思うんですが、指示を待って動くのではなくてもっと自分で考えて動くことが普段の生活、練習から大事」と指摘していた。

(引用元記事)

張本も関口もTBSも巨人が負けて悔しかったのか、素直に負けを認めずに見苦しかったが、桑田だけは素直にソフトバンクの実力を認めて潔かったなぁ。

boo

 
桑田さんの仰る通りですよ
この人をコーチにもしない巨人は損してる
ついでに
仁志さんはベイの2軍監督に
入来祐作さんはオリックスの2軍投手コーチに就任した
ホークス絡みでいえば
入来祐作さんは2軍3軍の投手コーチを務めホークスを支えてくれた実績がある
練習を何度もみたけど
選手に何も言わない
黙々と練習に付き合っていた
選手はコーチングで何をすべきか分かっているから
あとは練習をすればいいから
あーしろこーしろなんていう必要がないのだろう
巨人は監督、コーチこそ補強すべきなのに

ほんとこれ。
セ・パの力の差はDHよりも、速球派が多いよりも、内角攻めるよりも
今は選手が考える野球をパリーグの方がしている。

監督が生え抜きとか言ってる場合ではない。
来年 秋山やその先工藤を引き抜くくらいの姿勢を出さないと差は開くばかりかと。
桑田監督でも良いと思うんだが

巨人はお友達内閣での限界を感じただろうし、菅野以外にまともなピッチャーがいないんだから、桑田さんをコーチとして招聘すべきだと思う。

現在巨人の二軍では阿部監督が怒鳴りまくって選手を委縮させ、指示待ちの選手を育成中

桑田、その通り。
張本、いつも通り。

御意見番氏よりよっぽど良いコメントしているな

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.