巨人ウィキペディ

【野球】巨人-阪神間の移籍16年ぶり

2020/11/30
野球 0

巨人山本泰寛内野手(27)が金銭トレードで阪神に移籍することが29日、分かった。 15年ドラフト5位で慶大から入団した山本は、1年目から27試合に出場。4年目の昨季は自己最多の92試合に出場し、打率2割3分2厘、2本塁打、10打点をマークした。今季は1軍出場はなかったが、イースタン・リーグでは61試合に出場し、打率2割8分2厘、3本塁打、32打点、4盗塁だった。

◆巨人-阪神間の移籍 両球団間の移籍は阪神カツノリ(野村克則)捕手が04年1月23日、金銭トレードで巨人に移籍して以来16年ぶり。トレードは2リーグ制後5件目になる。78年ドラフト時の「江川問題」ではコミッショナーを巻き込む騒動に発展。翌79年に江川卓投手が指名された阪神へ入団し、巨人小林繁投手とのトレードが決まる異例の事態になった。

(引用元記事)

本人にとっては、環境が変わることでチャンスが増えるだろう。また、私生活ではMBSの女子アナと結婚しているのだから、大阪で新婚生活をスタートさせることができる。むしろ、彼にとって良かったかもしれない。

それほど頼りにされていない内野守備。危機感持った方がいいよね。 それに、巨人だってひとつのチーム、ライバル関係なくトレード出来るならやって、活性化させるべき。

大歓迎!ポジション違うけど小林繁さんのように阪神を盛り上げて欲しい。低迷の阪神の中で力投してくれた試合は順位関係なく熱くなりました。応援します!

江川、メイ、野村ジュニアそして山本か

セリーグの変なカルチャー、徐々に変わっていってほしい。ダルさんも言ってたけど。

巨人と阪神の間のトレードは何度かあったのは覚えていだが16年ぶりは忘れていた。

伝統の一戦ならぬ
伝統の移籍だね!
巨人と阪神の血を入れ替えるのは難しいが、
巨人に恩返しヒットが打てれば良いと思う。

今やパリーグから引っ張った方が戦力になる感じがします

これまで巨人と阪神の間で主力のトレードやFAなどの引っこ抜きが無かったというのは凄いよね。江川と小林はコミッショナーに言われてやった特別な事例だし。
それが伝統チームというものなのだろう。そういう関係は一度壊すとまた作り直すのに長い時間がかかる。これからも大事にして欲しい。

(引用元)

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.