巨人ウィキペディ

【巨人】ドラフト7位萩原、打てる捕手を目指す「しっかりアピール」

2020/12/02
巨人 0

巨人ドラフト7位創価大・萩原哲捕手(22)が2日、都内のホテルで契約金3000万円、年俸740万円で仮契約を結んだ。「セールスポイントがバッティングだと思うので、キャッチャーとして守ることが当たり前ですけど、その中で打てるというところが自分のポイントだと思うのでそこはしっかりアピールしていきたい」と力を込めた。

二塁送球1秒8の強肩強打の捕手は、10月のリーグ戦で左手親指靱帯(じんたい)を痛め、11月5日に手術を受けた。全治2カ月で現在は順調に回復。来年1月の新人合同自主トレには間に合う見通しだが、学生最後の試合となった関東地区大学野球選手権大会決勝はベンチで終戦を迎えた。「チームとしてはすごくいい結果が残せたと思うんですけど、個人としては学生最後の大会ですごく悔しい思いをしたので、そういった思いもしっかりプロの世界で、厳しい世界になると思いますけど、自分の力で勝負したいなと思います」と雪辱を誓った。

(引用元記事)



打撃で小林以上、リードで大城以上、肩で炭谷以上なら、レギュラー捕手になれると思う。
ただ、岸田と山瀬も手強いライバルになるだろうし、3人で次世代の要を巡って競争してほしい。

>打撃で小林以上、リードで大城以上、肩で炭谷以上
これならすでに岸田が超えてるんじゃね

まあ今のジャイアンツでチャンスは多く与えられるポジションだから
全ての面で大城以上を期待したいね。

打てないと試合には出してもらえない。
しんどいポジションやけど、やるしかない。

とりあえず山瀬と二軍の正捕手争い。
山瀬は手強いぞ

(引用元)

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.