巨人ウィキペディ

【メジャー】大谷は残留決定で年俸調停へ…

2020/12/03
メジャー 0
 

  大リーグは2日東部時間午後8時(日本時間3日午前10時)にメジャー40人枠で出場登録が合計6年未満の選手に対して来季契約の意思を示す期限を迎え、エンゼルスでは大谷翔平投手(26)が契約提示しない選手に含まれず、残留が正式に決まった。

 大谷は規定によりメジャー1年目が最低保障の54万5000ドル(約5700万円)になるなど3年間は年俸を抑えられてきた。しかし、3年目を終えた今オフ、出場登録が3年以上6年未満の選手に与えられる年俸調停の権利を取得。300万ドル前後の大幅増額になるのではないかと予想されている。

(引用元記事)

大谷の深層心理は当然わからないけど、自分の野球人生の意思決定をするファクターに金銭の重要度は低いというか、あんまり含まれてなさそう。最優先は野球をする環境なんだろうなぁ。

大谷はメジャー行きをあと2年待てば、
10年2億ドル以上の金額を貰えていたのに、
眉一つ動かさず「お金じゃないんで。」と言った。

大谷選手は日本だけでも超一流企業からスポンサー契約等で、年間10億円以上収入があるはずだしアメリカでは「野球環境と人」優先なのだろう。他の選手に配慮してある程度は「年俸アップ交渉で妥当な金額を貰う」のも必要だけど。
練習場所やキャンプ、オープン戦からシーズンインまでアメリカは不透明な案件が山積み。それでも何とか準備をして、昨年の鬱憤を晴らす活躍を祈っている。頑張れ翔平!

大谷にとっての来季の最優先課題は投手復活だ!やってくれよと思うが、コロナが気になる。

年々成績が悪化しているのが気になる。

来年巻き返せ!!
頑張れ!!

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.