巨人ウィキペディ

巨人・原監督の大城評価は!?「守りという部分で…」

2020/12/04
巨人 0
 

  『ニッポン放送ショウアップナイターカンファレンス2021』が3日、オンライン上で行われ、事前に収録した巨人・原辰徳監督のインタビューの模様が放送された。

今季の巨人は4年目の吉川尚輝が規定打席に到達し、育成出身の松原聖弥がシーズン終盤から2番に定着、大城卓三もチーム最多の71試合でスタメンマスクを被り、増田大輝も代走のスペシャリストとしてリーグ2位の23盗塁をマークするなど、若手の台頭が目立った。  原監督は「1番2番を含めて、昨年にはない若い力が登場してきた」と若い選手の活躍に目を細めた。その中でも原監督は、「僕は攻撃に期待していたんですけど、大城は守りという部分で、非常にインサイドワークも含め、幅の広がったリードをした」と高く評価した。

(引用元記事)


短期決戦の甲斐のようなリードをしてほしい。原監督は大城のリードが好きみたいだけど、日本シリーズは尽くやられた。あと2歩も3歩も成長してほしい。

大城選手は成長はしてるかも知れないけど打力守備共に?のつく一年だった。特に中盤以降は?の連続。

元々、肩が売りだった甲斐の方がしっかりフルスイングしてるし、事実ホームランも多い。
今後ジャイアンツのキャッチャーは全員、慎之助と比べられると思うから、首脳陣が考え変えなきゃ。
あんなキャッチャーそうそう簡単にできるもんじゃないということを。

この依怙贔屓は間違いなく弱い原因だよ。
日本シリーズの戦いを見て、大城のリードに幅が広がったなんて思う人はほぼいない。
短期決戦に臨む中でもきちんと相手を研究し、ひとつひとつのプレーを丁寧に貫く甲斐選手を見て、学んでほしいわ。
大城の今年の躍進は認めるべきだけど、甘やかしたら成長しない。来季も競争だよ。

大城のリードを評価するのか…
監督で選手の起用法は大きく変わるけど、原監督は典型だよね。
小林を嫌う事から考えても、甲斐あたりが巨人にいたら…レギュラーになってなかったかもしれないね。

解説で来てた西川にリードを完全に見切られてたのが印象的だったなあ。
事実栗原に3球続けたアウトコース思いっきり踏み込まれて痛打されてた

大城は、マウンドに行って投手に声をかける回数も少ないような感じがするし、テレビ中継をみる限りは、ベンチで投手と話をしているシーンを見たことがない。
まず、コミュ力から改善して貰いたい。

これ本気なのかね。インサイドワークがいい?いやいや日本シリーズで解説者に悉くリードをこき下ろされてましたよ(笑)。それに加え、ピンチで自らマウンドに行かない、野手への目配りが全く出来ないなどおおよそ捕手としてどうなのかと疑問を持たざるを得ない。

守りの部分での苦言かと思えばこれだ
お気に入りにはとことん甘い
結局第三次政権もチームを潰して終わりでしょうね

そうか?さすがにないだろ大城は変わらず外一辺倒菅野だから良かったけど他の時は必ず打たれたまだまだだねやはり炭谷小林がまだ何枚も上攻撃ではいいかもしれないが守備面では課題だらけとにかくインコース使う回数増やそう基本的に外一辺倒でたまにインコース早めて欲しいせめてクリーンアップ相手には必ずインコース続けて

大城選手が悪いってわけじゃないけど、炭谷選手、小林選手、岸田選手とちゃんとフェアな正捕手争いして欲しいな。

阿部慎之助も、若い頃は、リードの面では、かなり酷評されましたが、そこから成長しましたからね。
リードは、打たれて勉強の繰り返しをして覚えるもの。
もう少し、長い目でみてあげてもいいと思います。
ただ、大城選手に、その学習能力があるかはわかりませんが。

リードに関しては正解はないけど、みんなが大城に不満を持つ理由はアンパイなリードが多いからかな?
阿部はインコース連続で投げたり、フォーク連投したり大胆なリードが持ち味だったから比較されると批判されがち。

シリーズの結果だけ見ると、まだまだでしょう。成長は認めますが。巨人の捕手のポジションは激戦区

去年と比べればかなり成長している。しかし甲斐みたいなリードが出来る様になって欲しいかな。日本シリーズを見ていると。守備面・攻撃面にまだまだ成長して欲しいですね。

日シリで菅野が打たれた後ベンチで2人は全然話し合っていなかった。甲斐はすぐに千賀に声をかけに行っていた。リードって配球だけじゃない。そういうところですごく差を感じた試合だった。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.