巨人ウィキペディ

巨人 戦力外の宮国が7日のトライアウトに挑戦「全力出す」

2020/12/06
野球 0
 

  巨人から戦力外通告を受けた宮国椋丞投手(28)が、7日に行われる合同トライアウトを受けることが5日、分かった。

10年目の今季は主にリリーフで21試合に登板し、0勝0敗、防御率5・33。2軍では先発を務め、適性を示した。シーズン終盤に違和感を覚えた右肩も回復。川崎市のジャイアンツ球場で調整を続けてきた。「今の全力を出して、アピールしたいです」と決意を込めた。

(引用元記事)


トライアウトを受けるということは、今のところ他球団から声がかかっていないのかな。
やはり、そういう評価なら、かなり厳しい状況ですね…。トライアウトの結果が良くても、全く声がかからないのも普通。それでもアピールするしかありませんけど…。
いままでずっと応援してたので、なんとか来年も頑張って欲しいです。

大田や沢村みたいに環境変わって花開く選手もいるから、宮國にも頑張って欲しいよ。まだ若いんだし。

環境が変われば結果も出る場合もある
どこかに行けると良いね

出てきたときは活躍すると思ったが
完全に育成失敗
肩も治ったとはいうが怪我した事実は変わらんし最近の投球見る限り駄目じゃないかな

新人の頃は将来のエースと期待してたが、今やだ。使い勝手が良い選手だから拾う球団はあるはず。プロ選手は元々基礎体力に運動能力は高い。けれど一流になるには、一皮剥けなきゃならない。この一皮を早く探せるか探せないかが勝負の分かれ目。厳しい世界だな。

たまに良い投球しますが、安定してないので使い難い印象です。中継ぎで何処か拾ってくれると思ってましたが、甘くなかったですね。

トライアウト前にヤクルトが動くと思ったけど、声が掛かってないなら厳しいな。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.