巨人ウィキペディ

【野球】最優秀審判員に有隅氏、ファインジャッジ賞は4人…対象判定詳細

2020/12/11
野球 0
 

日本野球機構(NPB)は2020年の最優秀審判員賞に有隅昭二審判員(52)を選出したと発表した。投球判定精度の高さ、難しいプレーに対する決断力などが評価され、2度目の受賞となった。

審判員奨励賞は牧田匡平審判員(41)が受賞。投球判定精度を始めとしたジャッジの安定感が評価された。ファーム優秀審判員賞には、行動的で研究熱心な姿勢と高い判定精度が評価された古賀真之審判員(27)が選ばれた。 優れた判定をたたえるファインジャッジ賞は4人が受賞。岩下健吾審判員(32)は9月25日の西武・楽天戦(メットライフ)で打者走者がファウルラインの内側を走り投ゴロを処理した投手からの送球が当たったケースで、即座に守備妨害を適用。場内放送をしてスムーズに試合を再開した。 須山祐多審判員(32)は10月1日のオリックス・西武戦(京セラD)で三塁手からの送球を受けた二塁手の足がベースに触れていなかったのを最適な位置で判定した。

長井功一審判員(36)は10月18日のDeNA・巨人戦(横浜)で、二塁手がライナーをグラブに当て落球した際、打者をアウトとし、場内放送を含め手適切に対処した。 梅木謙一審判員(32)は10月20日の阪神・広島戦(甲子園)で、挟殺プレーの際にボールを持たない守備側の選手が走塁を妨げたとしてオブストラクションを宣告。場内放送後に試合を再開した。

(引用元記事)


リクエストの制度ができてから、審判はスーパージャッジや誤審があからさまになるので、大変だけどやりがいもあるのではないだろうか
リクエストを退けた審判はもっと評価されるべきだと思う

リクエストされてもジャッジが正確だった場合は何かしらの手当を出しても良いのでは?
覆ったジャッジも人間の目では困難なレベルのものもある
審判の心理的負担が増している以上、別の形でサポートしてあげて欲しい

受賞された方々、おめでとうございます。
素晴らしいジャッジでプロ野球をもり上げていただいて、ありがとうございます。
こういうことはもっと報道して、あまねく賞賛の声が上がるようにしてほしい。
とかくミスジャッジばかりが目立つが、信賞必罰の信賞のほうもきちんとしないと、今後の野球界にとってマイナスになるばかりだと思う。

プロ野球の審判は名前が知られていないほど、
優秀な審判という扱いになる。
失礼ながら彼らを知らなかったから
彼らは優秀な審判員だろうな。

ワーストジャッジ賞も必要かと。もちろん精度を上げるため。

あまり知られてないがリクエスト成功率は3割!各チームが誤審だ!と思いリクエストするが7割は間違えで審判員が正しい。
まぁ、100%が当たり前な世界だから3割は多いと言われたらそれまでですが…

人間だから間違いは有るのは仕方ないし、最近ではビデオ判定も導入して、納得性の有る判定になって来たが、野球の基本の、ストライク、ボールの判定基準の精度のUPをお願いる。家でテレビを見てて、さっきの判定と違うなぁと感じる事が多い、特に高低判断がまるっきり違う審判が居るのが気になる。

名前を見てもピンとこない
つまりいい審判ということですね

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.