巨人ウィキペディ

巨人が集中打で逆転 大城が勝ち越し打

2020/09/15
巨人 0
「巨人-阪神」(15日、東京ドーム)

巨人打線が六回に高橋を捕まえ、好投手高橋をマウンドから降ろした。
 六回、先頭松原が右線二塁打、亀井が右前打を放ち無死一、三塁。岡本が内角高めの直球を詰まりながらも中前へ落とした。さらに丸が右前打で続き、4連打で降板。  1死満塁。2番手の岩貞の初球を大城が右前打で2者が生還。この試合、初めて逆転。菅野もガッツポーズで喜んだ。  この試合に巨人が勝つと、優勝マジック38が点灯する。



点をもぎ取ろうする集中力ハンパない!すごいなぁ。他チームのファンだけどあっぱれです。何なんだろう?この集中力、今年のジャイアンツはFA組と自前の若手、ベテランもすべてまとまっていて一体感があるな。このまま突っ走ってください。

個人的には、今の打順かなりいいと思います。特に4番岡本5番丸がいい。後ろを打つ三人も調子がいい。坂本が相変わらず好調が長続きしないけどそれでも絶対煮はずせないレベルの選手。松原と亀井もいいけどパーラが戻ったらウィーラーと2番3番組ますのもいいと思う。そうすると代走と代走で松原を亀井を代打に使える。
最後に今年の菅野は、去年までなかった。田中のような勝ち運も出てきた。ますます素晴らしくなった

ジャイアンツの選手は迷いがないですよね。 自身の役割を理解してるし監督も理想とする采配を指示し選手も応えてますね。
高橋投手はいつもの本調子ではなかったのですがやはりチャンスをしっかりと生かすか、殺すか。
それがやはり順位に現れてるように感じます。

勝負所での亀井、岡本、丸のクリーンナップそして大城の集中打による逆転劇は見事でしたね。菅野も今日だけはバックが巨人打線じゃなかったら負けがついてたかもしれませんね。
しかし巨人戦になるといつも矢野監督の続投、継投、作戦の決断は気の毒な位裏目に出ますね。今日も無死1,2塁でバントされたら嫌だなと思ってたところでの強打空振りにかなり助けられたかと思います。

今日の勝ち負けより、坂本と岡本の状態が気になる。
坂本は下半身か脇腹か。岡本はタイムリーの時に手を痛めたか。骨じゃなきゃいいんだけど…

完全に菅野の女房役ですね。打てる捕手は本当に頼りになる。ノーアウト満塁で中島が三振した時は嫌な感じがしましたがよくぞ打ってくれました。

得点圏で積極的にバットを振るようになって
チャンスでも打てるようになったな

(引用元)


スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.