巨人ウィキペディ

【メジャー】レイズ・筒香 米1年目を振り返る「良い数字ではない」

2020/12/13
メジャー 0
 

メジャー1年目のシーズンを終えたレイズ筒香嘉智外野手(29)が、電話取材で本紙の単独インタビューに応じた。日本野手として14年ロイヤルズの青木宣親(現ヤクルト)以来のワールドシリーズ(WS)に出場。レギュラーシーズンではチーム2位タイの8本塁打、同2位の24打点を記録したが、打率は・197と苦しんだ。今季を振り返るとともに、来季に懸ける思いを聞いた。(聞き手・柳原 直之)

――コロナ禍で60試合制だった米1年目。51試合に出場し打率・197、8本塁打、24打点の自己評価は。 「プロの選手ですので、数字に責任を取るのは当たり前。もちろん良い数字ではないのも分かる。僕がそこにどうこう評価することはないです」 ――本塁打数へのこだわりは。 「自分の中で良い本塁打というのは今年一本もなかったので、60試合で8本打ったという感覚は正直あまりないです」 ――7月24日の開幕・ブルージェイズ戦で左腕・柳賢振(リュヒョンジン)から放った1号は逆方向への良い感触の本塁打に見えた。 「今年は気持ち良いホームランはなかった。自分の体の中のこととか、扱い方の中で気持ち良いなと思った本塁打がなかったということですね」 ――“逆方向への打撃が鍵”と渡米前に話していた考えは変わっていないか。 「逆方向に打つために使う技術が一番大事になるというのは変わらないと思います」 ――日本野手として14年青木以来のWS出場を果たした。 「日本にいたらあのような経験はもちろんできません。素晴らしい経験をもちろんさせてもらうことができました」 ――WSでは2試合に代打出場し2打数無安打だった。 「何か納得したものが個人的にあるかといえば、もちろんないですが、あそこに行けたという意味では非常に良い経験をさせてもらったと思っています」 ――来季は2年契約の最終年。何か変えようとしている点は。 「何か一つが変わって、何か一つを求めてやって、活躍できるような場所ではないと思います。もちろんスピード、パワー、技術というのは、また日本とは違いますよね」 ――改めて抱負を。 「今年はこういう成績でしたので、もちろん自分で感じている部分は、たくさんあります。それをこのオフシーズンにしっかりできれば。また、コロナ禍の中で何が起こるか分からない世の中ですので、日本にいる皆さんもいろいろなコロナ禍で大変な苦労している方がたくさんいると思います。常に前を向いて、というのはなかなか難しい世の中ですけど、前向きになれるような活躍や発信をできるように頑張りたい」 ――このオフは巨人・菅野、ロッテ・沢村、日本ハム・有原、西川がメジャー移籍を目指している。 「日本の野球の違う良さもありますが、(メジャーは)レベル的にいうと世界一の場所ですので、そこに挑戦することは非常に勇気がいる。挑戦する決断をした方たちには凄くリスペクトも敬意も、もちろんあります。日本でやっている選手に敬意がないかといったらそうではないですが、大きな決断をしたことに凄い意味があると思います」 ――同じ日本選手として刺激を受けるか。 「良いニュース、良い報道を日本の方に届けられるように、日本人みんなで頑張れたらなと思います」

(引用元記事)


その成績では厳しいことは本人が1番わかっているし、球団だって成績がでなければ契約しない。外野はとやかく言う必要はない。ファンとしてはただ純粋に応援している。

ベイファンです。
今年の活躍は残念だったけど、1年目でいきなりワールドシリーズを経験するってかなり強運の持ち主だと思う。自分で選んだ道です。来年こそ、がんばってください。

ベイスターズファンとしては、来年はもっと良い成績を残してほしい。
難しいんだろうけど、どうか頑張って。

今年はコロナで60試合しかなく、他のバリバリメジャーリーガーでも成績が振るわなかった為に、ある意味正当評価しづらい年でラッキー、しかもイチローか叶わなかったWSにいきなりw
これは何か持ってるかも!
フルシーズンで15本は打てそうだがせめて打率を.250にのせれないとね

日本のプロ野球もそうたけど今年はコロナでほぼ満足に試合ができなかった。
オープン戦の延長みたいな感じもした。フルシーズン戦ってでの結果を早く見てみたい。
筒香、頑張れ。

打率は低かったけどメジャー1年目で8本塁打は打ったほうだよ。来年はもっと打つような気がする。

2年目はもっと打って欲しい。日本を代表するスラッガーなのだから。経験を積んでレベルアップしてください。

改めて速球への対応をしていかないとメジャーでは未来はない。

..W/Sで相当な屈辱を味わったと思うので、来年は巻き返しで打ちまくってもらいたい..。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.