巨人ウィキペディ

解説陣の巨人・吉川尚の今期評価…どう見た!?

2020/12/14
巨人 0
 

巨人吉川尚輝がプロ4年目の今季、初めて規定打席に到達し、打率.274、8本塁打、32打点、11盗塁の活躍を見せた。

昨季は開幕から11試合で打率.390と好スタートを切ったが、故障で離脱。結局、一軍に戻ることなくシーズンを終えた。迎えた今季、6月19日の阪神との開幕戦、1-2の7回に岩崎優が投じたインコースのストレートを振り抜き、打球はライトスタンドに飛び込む逆転の2ランとなった。

この本塁打に『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「それにしてもバットが振れていますよね。今のはインコース気味で詰まりやすいコースですよ。それが真芯に入って、ライナー性ですからね。糸井がすぐに諦めましたからね。それくらいの打球でしたね」と評価した。

幸先の良い滑り出しを見せたが、その後は当たりが続かず、7月が終了した時点で6本のアーチを描くも打率は.247だった。1番を打っていたが、打順も下位を打つことが多くなり、左投手が先発のときはスタメンを外れることもあった。  この時期の吉川尚輝をショウアップナイター解説陣は、どのように見ていたのだろうかーー。  7月25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた川相昌弘氏は、「ここまでの使われ方をみたら、まだ何かが足りないと思われているから、こういう使われ方をされていると思うので、そこの信頼は勝ち取れるように自分が頑張らないといけないですね」と奮起を促せば、7月26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた若松勉氏は、「左投手のときも出ていって、経験ですよね。こういう選手はどんどん使って、本当のレギュラーにしないとダメだと思いますね」と積極的に起用していくべきだと提言した。 8月1日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-広島戦』で解説を務めた井端弘和氏は、「右、左でスタメンで出たり、出なかったりは、レギュラーとしてはどうかなと思いますので、吉川選手あたりには右、左、関係なく、スタメンで出て欲しいなと思いますね」と期待した。 8月は月間打率.196と低迷したが、9月に入ると当たりを取り戻し、月間打率.352をマーク。再び打順も1番に戻った。9月15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた田尾安志氏は、「インサイドのきわどい球でも腕を縮めて、カツンと大きいのを打てたりしますので、ヒットゾーンはいろいろありますよね」と評価した。 10月に入ってから再び当たりが止まった時期もあったが、終わってみれば打率.274の成績。好不調の波に課題を残した。来季はシーズン通して安定した打撃を披露してほしいところだ。

(引用元記事)


まぁ一シーズンフルで働いたのは初めてだし
怪我で離脱しなかったのは御の字なんじゃないかな?
もちろんこれを最低ラインにしてもらわないと困るわけだが…
来年からが本当の勝負ですよ

吉川の身体能力からすればもっともっと活躍してもらいたい。1番固定で相手が右、左関係なく出場してもう少し足も使い、相手チームを嫌がらせる存在になってもらいたい。来年はフル出場して3割、30盗塁だ!頑張れ 吉川!

出塁率がもうすこし上がればね。

吉川は150km以上の速球に対する打率が12球団断トツ1位(.522)2位が岡本で.408
ただ変化球に弱く落ちる球にクルクル三振してるので克服したら3割なんか通過点だと思う
守備面では守備範囲が広く捕球するまでは完璧だけど送球が不安定で日本シリーズでも2個送球エラーした
今オフできっちり鍛え直して欲しい

シーズン皆勤は今年が初めて。及第点の成績だと思います。
他のコメントにもありましたが来年からが勝負です。打席での粘り強さ、盗塁数等課題は色々ありますね。

1年間一軍に帯同出来たことは大きな財産。
持ってるポテンシャルの高さからいったら、最多安打を打っても不思議じゃない。
守備で気になるのはボールの握り直しがちょくちょく見られること。これで併殺崩れがいくつかあっただけに、反復練習で克服して欲しいね。

スローイングは怖いところがあるが、広大な守備範囲、捕球力はトップクラス
あとはバッティング
空振りが多いような気もするし、ケースバッティングに難があるかな・・・
もうちょっとのところだと思うので怪我しないように頑張ってほしい

ファンも首脳陣も吉川にはかなり期待しているし、それに比例して今シーズンの成績には物足りなく感じている。
来シーズンは首位打者を本気で目指してほしい。あと野球のイヤらしさも身に付けてほしい。

実質シーズン通して出れたのは初めてだし、
もう4年目とはいえ、ここ10数年巨人のセカンドが固定できてなかったし、全然及第点なんじゃないかな、
これから経験積んでいって走攻守ともにレベルアップしていったら間違いなく日本を代表するセカンド又はショートになれる!と信じてます。

ジャイアンツには必要不可欠な
存在だと思いますよ。
とにかく規定打席には
届く程度で良いので
レギュラーを張って
欲しいですね。

今年はこの成績で良いけどゆくゆくは3割15本くらい常に打てる一流選手になってもらいたいね。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.