巨人ウィキペディ

【巨人】中島、昨年の大幅ダウンから今年は3000万UP「充実して野球できた」

2020/12/15
巨人 0
 

復活のシーズンとなった。巨人中島宏之内野手(38)が15日、都内の球団事務所で契約更改に臨んだ。3000万円アップの年俸5000万円でサインした。

移籍2年目の今季は100試合に出場し、打率2割9分7厘、7本塁打の成績を残した。「去年の今ごろ、勝負するという思いで2020年に向かった。シーズンは変則的な感じだったが充実して野球をやらせてもらえた」と納得の表情を見せた。 昨季は43試合の出場にとどまり、打率1割4分8厘、1本塁打。契約更改では87%となる1億3000万ダウンとなっていた。

(引用元記事)


100試合出場はチーム内で5位。打席数は312でチーム6位。
代打で少ない打席で打率を残したのではなく
スタメンで多く出場してなおかつ打率が良かった。
陽や大城と競ってポジションを奪い、
ウィーラーが加入してもファーストチョイスだった。
開幕前は今年のファーストは大城だと思ってました
スイマセン

この人が六番でいてくれたのは大きかった。梶谷加入など補強に余念はありませんが、まだまだ存在感を発揮してほしい。それが底上げにもなる。

去年と比較したら雲泥の差。今年はもう少し上げても良い気がしたが。
ただ、この人をスタメンで出しているようでは巨人は強くはなれない。

1年で立て直したのは流石
色んな理由で好き嫌いは分かれるけどね
これからもチームの力になって欲しい

打てなかったら戦力外でしたが
頑張りましたね。

この人の働きは大きかった。あと150本ぜひ頑張って欲しい

今年だめなら終わりでしたね
でもまあ首の皮1枚くらい残って
それでも3000万はお見事です
まあ来年あと2年くらいでなんとか
2000行けるといいですね

よくぞ盛り返したよ
毎年 1年が勝負だからね〜

来年も頼むぞ~

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.