巨人ウィキペディ

【野球】DeNA山崎 7000万の大減俸 2・8億円で更改「悔しい気持ちでいっぱい」

2020/12/22
野球 0
 

DeNAの山崎康晃投手(28)が22日、神奈川県横浜市で契約更改交渉を行い、年俸3億5000万円から7000万減の2億8000万円でサイン。入団以来初めての減俸となった。(金額は推定)

山崎は「僕としても悔しい気持ちでいっぱい。まずは自分の体を健康第一で整えて、オフは短いと思うので、しっかり体も心も準備して開幕に向けて頑張っていきたい」と力を込めた。  今季は開幕から本来の投球を披露できなかった。12試合目の登板となった7月26日の広島戦では、1点リードの九回に満塁本塁打を浴びるなど5失点。3敗目を喫すると、クローザーの座を三嶋に譲った。10月にはプロ入り初めて不振での2軍降格も味わった。今季は0勝3敗6セーブ、防御率5・68に終わった。

成績を落としたシーズンではあったが、言葉を選びながら「そんなに皆さんが思っているほど深刻ではない」とした。守護神への思いについては「あえて言及する必要はないかなと。しっかり練習して、健康でシーズンを迎えられれば自信はある。あまりそこにこだわらず、取り戻すという感じはないです」と話した。  昨季の契約更改の場では将来的なメジャー挑戦への思いを口にした。もちろん、その思いは「強くありますね」とし、「どういう風に今後なるのかは具体的には話せませんが、野球人生を懸けて、どういう風に進んでいっても、ファンの皆さまを大切にする姿勢を忘れずやっていきたい」と力を込めた。

(引用元記事)


三嶋投手の存在で尻に火がついた状況ですが、
20%ダウンで済んで良かった方でしょう。
メジャー志向もリセットして、まず体を絞ってから心機一転でまた来季活躍して下さい。

今年の成績からしたらまだ貰いすぎにも見える。
でもこれまでの実績は文句のつけようもない。
来季の復活に期待です!

年俸はこんなもんでしょ、今季は最悪だっけど、今までの十分な実績があるからそこまで下げられない。
メジャーへの思いを語るのは自由だけど、来季は抑えどころか一軍すら危ういことをしっかり自覚してキャンプまでにしっかり調整してほしい。

成績と営業収入の大幅減考えたら1億円下がっても文句言えなかったと思う。
過去の実績を十分加味してくれたんだろう。
ただあの腹回りが改善されないとこのまま終わっていってしまう可能性もありそう。

色々言われる選手になってしまったが、無双していた時のヤスアキをみんな覚えているので早く復活してほしい。
ヤスアキの場合は肩がとか肘がって故障が原因でダメになった訳ではないはずなので、必ず戻れると思う。

ルーキーの時のツーシームがダントツで凄かったね。キレが違った。
ところが年々キレがなくなってきて見極められたらもう投げるボールはない。ストレートもそこまで速いわけでもないし。もう決して若くはないしある意味来年が勝負の年でしょうね。

ここ数年は太り気味なので体のキレが悪いのだろう。まずは全盛期のコンディションに戻すべきですね。

20%で済んだのは確実に球団の温情だろうね。正直限度額超えての減額になっても文句言えない成績だったからね。
今一度初心に帰って1軍に呼ばれる事を目標にして頑張ってほしい。
春季キャンプで投げ込みまくろう!

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.