巨人ウィキペディ

【巨人】坂本は来季も激務…補強方針「一塁と左翼」のあおり受け遊撃禅譲・打撃専念ならず

2020/12/25
巨人 0
 

巨人は阪神入りが確定的となっている韓国リーグ2冠王ロハスの争奪戦に加わっていたため、遅れているものの、大塚球団副代表が明言したように、「一塁と左翼」の補強に動いている。

これにより、今季2000安打を達成し、今月14日に32歳になった坂本勇人は当面“楽”ができないことになる。さるチーム関係者がこう言う。

原監督には数年前から坂本を三塁にコンバートする構想がある。遊撃という守備の負担が大きいポジションから解放して打撃に専念させるためです。2年前のドラフトで遊撃手の根尾(現中日)を1位指名する時も、『坂本の背中を見ながら根尾が伸びる。坂本がサードに回る時間が早ければ早いほど、チームとしては凄く戦力強化になる』と話していましたから」

日本シリーズ大惨敗で「主将」も継続  坂本は開幕当初、「コロナ後遺症」に苦しんだ。正二塁手で遊撃の後釜候補でもある吉川尚が「故障が多い」という課題を克服し、今季は離脱することなく働いた。“遊撃禅譲”の準備は整いつつあるが、これは今季の三塁手部門でベストナインに輝いた岡本が一塁へ回ることが前提。一塁に外国人が加入すれば、岡本は三塁のままなのだ。 「坂本は今季、インフルエンザを2度発症。開幕前に新型コロナの陽性判定を受けて隔離生活を余儀なくされ、『今までの野球人生で一番調整できていない』と漏らしていた。シーズン後半は2000安打を達成して打率・289と盛り返したが、三塁ならもっと打ったともっぱらです。ただ、岡本の三塁がモノになってきたこともあって、原監督の構想が薄れつつあるようなのが気になります」(前出の関係者)  昨オフに「降りたい」と直訴した主将の座も、日本シリーズでソフトバンクに惨敗したことで「日本一」という条件をクリアできず、原監督にはまたも主将交代を認めてもらえなかった。  かくして、来季も主将、遊撃といった激務は継続となりそうだ。原監督には「30代前半はもう一度体をつくり直す時期」との持論がある。どうやら、当面は打撃に専念させるつもりはないようである。

(引用元記事)


坂本の守備はまだまだ健在。今年もエラー4つしかしてないし、去年はちょっときついのかな?と思ったが今年は守備範囲も広いエラーも少ない文句なしのGG賞だった。岡本が折角サードで完全に定着して三塁守備も上手いし範囲も広い。今わざわざ坂本をサードにコンバートする意味もメリットもない。本人だってサードコンバートなんて望んでないでしょ。

ショート守備が晩年の鳥谷みたいになってるならコンバートも分かるけど、普通にセ上位の守備力キープしてるからなぁ。
岡本サードからどかすのはあり得ないし、なにより中軸打てるショートが球界に坂本しかいないんだから限界までショートで使うでしょ

坂本はコンバートするなら一塁だと思う。
岡本の三塁守備はうまいし。
腰を痛めていた時期に一時期一塁に回っていたけど、ハンドリングは良かった。
守備の負担云々いうなら、ホットコーナーの三塁より一塁だろう。

坂本本人が「もうショートは嫌だ」と言ってるならまだしも、本人もまだまだやる気なのによく分からない記事で。

岡本の守備範囲が広いからある程度は坂本の負担も軽減できるとは思う。
それでも、負担が大きいのは変わらないと思うけど、まだコンバートは時期尚早だと思うし下が育つまではこのままで良い。

正直コンバートの話は時期尚早だと思う。
坂本自身ショートで限界までやりたいだろうし、限界がきたら誰かに譲ればいい。
そもそも年々上手くなってるし。

坂本勇人は守備打撃含めてプロ野球歴代ショートのベスト5に入るくらい凄いから次のショートの固定レギュラーが誰になるかわかんないけど
誰がなったとしても坂本と比べられて打撃が物足りないとかいろいろ言われそうでかわいそうだな
阿部慎之助の次の正捕手だった小林もかなり叩かれてたし

ジータはショート一本で3000本を達成した。つまり、ショートでプレーし続けることは人間にはできる。そしてそれができる2人目の人間が坂本勇人だから、本人が望まない限りショートでやってほしい。

普通にショート坂本、サード岡本でいいでしょ?主力は衰えがない限り固定のほうがいい。
坂本よりうまい選手がいれば話は別だが、いないでしょ?
本人が直訴するならまだしも、外野がとやかく言うことではない。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.