巨人ウィキペディ

【巨人】岡本4年連続「おかわり塾」へ…高め攻略の極意会得

2020/12/25
巨人 0
 

40本の壁を打破する秘訣(ひけつ)は高めの攻略にあった。巨人岡本和真内野手(24)が、西武中村剛也内野手(37)と都内で4年連続の合同トレを行った。「おかわり塾」入塾3年で本塁打王と打点王の2冠を獲得し、迎えた4年目は「高めの打ち方」に重点を置き、打撃論を吸収した。新たな引き出しが加わったセ界のアーチストは、中村が09年と11年に記録した48発超えを来季の目標にかかげた。【取材・構成=栗田成芳、久保賢吾、久永壮真】

温めていた質問を真っすぐにぶつけた。岡本はウオーミングアップを終え、すぐさまバットを握ると「高めってどうやって打ってますか? 」と中村に尋ねた。年に1度の特別セミナーを前に、前夜のうちにカーナビを球場にセット。頭の中では「師匠」に聞くべきことを決めていた。中村はバットを手に取るとゆっくりと高めのスイングを披露した。 中村 バットを出すじゃん。そこから無理に振り上げるのは一番高めを打ちにいってだめなパターン。ステップは小さく、そのまま、こう。 バットをかぶせることなくそのままの軌道で振り抜き、ローフィニッシュ気味に抜いた。 中村が10月24日のソフトバンク戦で、岩崎の高めの148キロ直球を仕留めた1発こそお手本だった。スマートフォンの映像で見た岡本は、極意が何かを知りたかった。今季31本塁打のうち、高めは6本(真ん中15、低め10。本数は日刊スポーツ調べ)。決して苦手にしているわけではないが、高さ別では最少。中村は「やや外の高めが確率よく打てれば、40本打てるよ」。40発到達へ高めの攻略が鍵だった。 はち切れんばかりのウエアを身にまとった岡本が、スタンドティーに置かれたボールを打ち始めた。互いに口数は多いわけではない。イメージを頭に置き、黙々とバットを振った。ライナー性だった打球は、徐々に大きな弧を描くようになり、左翼フェンスに直撃。終盤には柵越えし、防護ネットにぶち当てると「あれ、去年より飛んでる」と自分でも驚いた。成長した姿を中村は「おれが岡本さんに教わる方がいいんじゃない? 」と言いながら、頼もしそうに見つめた。 高め攻略の糸口を見つけた岡本は、少しだけ「師匠」の背中が見えていた。練習後おそるおそる色紙の上でペンを走らせた。「中村さんの48発超え!!」。1度書き間違えたものの、力強くしたためた。初めて合同トレを行った3年前は0本塁打だった「弟子」の成長を知る中村は「打倒岡本さん」と書いた。ケガに苦しみ、7年ぶりに1桁本塁打に終わった今季からの巻き返しの起爆剤として、「愛弟子」をターゲットに置いた。セ・パを代表する希代のアーチスト2人が、互いに高め合い21年もアーチを量産する。

(引用元記事)


日本球界で一番「ホームランを打つこと」に関して拘ってるバッターが中村剛也
あの体型ながらパワーではなく理論で固めて、ホームランを量産してきた
その理論を言葉にして他人に伝えるのは相当難しいはずなんだけど、素人でも何となく分かる程度には伝わるんだよな
彼は引退後も間違いなく素晴らしい打撃コーチになる

他球団の実績がある選手からのアドバイスはいいですね!良い光景でなんとも言えない良さがある。また、来シーズンも進化した岡本選手が見れそうで楽しみである。中村選手のアドバイスはなるほどなぁと思える。師匠もまだまだホームランアーティストとして頑張ってもらいたい。

落合さんやノムさんもホームランを打つことに関しては天才って言うレベルの選手だもんな
同じプロの選手もパワーではなく技術で運んでる印象とも聞いた時がある
意外と自分の理論もしっかりしてるし岡本にはいい見本になる
岡本は村田コーチ、おかわり君と必要な時期に必要な技術を教えてくれる人がいてくれるから恵まれてる

いろんな人の手柄を言われているが実はおかわりさんが
岡本の覚醒の一番の功労者だと思う。

おかわりの指導力には西武を羨ましく思うほどのものがある
岡本もおかわりのおかげで覚醒した
またさらなる成長のきっかけを掴んでほしい

人に教えるということは、教わる側にメリットがあると言うことは事実ですが、実は教える側にも多大な効果をもたらすということも事実です。教える方は良いかげんな人は別にして、きちんと教えよう、伝えようとしますから、学び直す必要があるのです。そこで新たな発見があったり、新たな方法を見いだしたりすることはよくあることです。この場合、中村さんが岡本さんから学ぶこともあるでしょう。学び合う、教え合うと言うことは実は素晴らしい行為なのです。

おかわりの理論は独特だけど、岡本はついてこれたから大成した。

落合博満さんが絶賛している中村選手ですね。
高めの打ち方を会得することで、パリーグ各球団の投手を攻略できると思います。

人に教える事って自分が完璧に理解していて、自分も体が動かないとすごく難しいんですよね。
教わる側よりも教える側にも良いことあるのは、どの仕事でも同じなんですよね。
中村は良い先生ですね。
来年も期待して応援してるで。

たしかに、岡本って今年の序盤の打ち方が1番良かったような気がするんだよね
中盤〜終盤はなんていうか無理にかちあげようとして捻りすぎっていうか、SBの投手陣は厳しいかなって正直思ってた
そこをいち早く指摘してくれるおかわり流石すぎる

ソフトバンクのピッチャー陣攻略法も聞いた方がいい。

チームの垣根を越えて秘技を伝授してもらえるのは
有難い事ですね。

岡本の太ももスゲー。
スピードスケート選手並み!?

来年、岡本は40発打てるかも。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.