巨人ウィキペディ

【巨人】W大砲獲りへ メジャー196発のスモーク本格調査&96発テムズと契約合意

2020/12/30
巨人 0
 

 巨人が来季の新外国人候補として、大リーグ通算196本塁打を誇るジャスティン・スモーク内野手(34=ジャイアンツからFA)を本格調査していることが29日、分かった。さらに同通算96本塁打のエリク・テムズ内野手(34=ナショナルズからFA)とは来季契約に合意したことも判明。スモークは17年のオールスター戦に出場した実績を持つ両打ちの一塁手で、メジャーの大砲ダブル獲得へ狙いを定めた。

原監督は来季構想を「1番・梶谷、2番・坂本、3番・丸、4番・岡本」と明かしている。課題は5番以降だった。球団がターゲットとしたのは実績十分の大リーガー2人。獲得に至れば、合計292発のコンビが夢の重量打線を完成させる。  一塁候補として本格調査するのがスモークだ。メジャー11年間で196本塁打を積み重ねた強打のスイッチヒッター。ブルージェイズ時代の17年には自己最多38本塁打、90打点とブレークし球宴にも選出された。マリナーズ時代にはイチロー、岩隈、川崎の同僚として4番を張っている。  60試合に短縮された今季もブルワーズとジャイアンツで計36試合に出場し5本塁打。ブルワーズ在籍中の8月13日カブス戦でダルビッシュからソロ本塁打を放った。今季5本塁打しか許さなかった右腕からの一発だった。  大塚淳弘球団副代表編成本部長はDeNAから梶谷、井納の両獲りに成功した今月中旬、外国人野手2人の獲得に乗り出すことを明言。「後はレフトとファーストが補強ポイント。外国人2枚は獲りたい」と話していた。  左翼手候補のテムズとはこの日までに契約合意。近く球団から発表される。メジャー6年間で96本塁打を誇り、17年にはブルワーズで4月に球団月間記録の11本塁打を放つなど、自己最多31本塁打をマークした左打ちの強打者。メジャーで最も多く守ったのは一塁(先発243試合)だが、左翼でも112試合、右翼でも89試合に先発出場しており、外野の経験も豊富だ。  14年からNCに在籍した韓国の3年間では計124本塁打。本塁打王、首位 打者などタイトルを総なめにし、「神」の愛称で称えられた。アジアの野球に慣れていることも魅力で、巨人を含めたアジアの複数球団が長年動向を注視してきた。  リーグ3連覇と9年ぶりの日本一奪還を目指すチームにとって打線強化は不可欠。若手育成とともに、大型補強を着々と進める。  ≪同一年に2人野手獲りなら7年ぶり≫巨人が同一年に2人以上の初来日の外国人野手を獲得すれば14年のアンダーソン、セペダ以来7年ぶり9組目となる。大リーグ通算本塁打はスモーク196本、テムズ96本の合計292本で、83年のスミス314本、クルーズ39本の353本に次ぐ成績となっている。また、スモークの196本塁打はスミス、93年バーフィールド241本に次ぐ本数。上位2人はいずれも1年目で25本塁打以上をマークしており、スモークも実績通りの活躍ができるか注目だ。  ◆ジャスティン・スモーク 1986年12月5日生まれ、米サウスカロライナ州出身の34歳。サウスカロライナ大から08年ドラフト1巡目指名(全体11番目)でレンジャーズ入団。10年4月23日のタイガース戦でメジャーデビュー。マリナーズを経て、シーズン38本塁打を放ったブルージェイズ時代の17年には一塁手として球宴に出場した。1メートル93、99キロ。左投げ両打ち。  ◆エリク・テムズ 1986年11月10日生まれ、米カリフォルニア州出身の34歳。ペパーダイン大から08年ドラフト7巡目で指名されブルージェイズ入団。11年5月18日のレイズ戦でメジャーデビュー。14年から3年間、韓国・NCでプレー。15年にはアジア初の「40&40」となる47本塁打、40盗塁をマークした。1メートル80、106キロ。右投げ左打ち。

(引用元記事)


問題は日本野球との相性。
それがハマれば実績などは関係ないでしょう。
巨人のスカウトはイマイチなので活躍してもらいたいですがどうでしょうね。

年齢が少し気になるけど、走って打てるエリク・テムズは活躍しそう。

スモークはマリナーズ時代から見ているけど、チャンスに弱く、ほとんど凡打している印象が強い。しかも、一塁しか守れない。ストレートは強いが、変化球にめちゃ弱い。歯を食いしばって、打つので、チャンスボールを凡フライする。実績より、もっと変化球をアジャストできる選手を獲得すべき。

打率が低いのが気になりますが、当たれば大きい宝くじのような外国人二人ですね。当たれば優勝、外れればBクラスもあり得るくらい二人にかかる期待は大きいですね。

テームズもスモークも実績は認めるが、また高齢外国人を獲るんだな。
スモークはトロント時代の.270がキャリアハイ。あとは.250さえ届かない三振過多の扇風機。
テームズは韓国時代に脚光を浴びメジャー復帰して活躍したが、それも今は昔。獲るのが3年遅い印象。
確かにアジャストすれば、それなりのものは残すのかも知れないが期待は薄い。
かつての巨人ギャレットや楽天ユーキリスの再現が濃厚に思うな。

マリナーズの試合はBSで良く流れていたから、スモークが日本に来るとしたら感慨深いものがある。
速球には滅法強くて変化球にあっさり引っ掛かる印象が強かったボーアでもそこそこ活躍できたし、似たタイプのスモークも打率に目を瞑れば長距離砲としての怖さはあると思う。

批判的なコメントを書いている人もいるけど、ドングリーズばかりで下位打線を組むより、この2人の選手の方が破壊力はある。
テムズ選手はだいだい1億5000万円くらいだから、まずまずの資金で獲得できたのではないか?
巨人は昔のように資金豊富というわけではないので、うまくやりくりをするしかない。

2人とも来年35歳か…
最近の当たり外国人の傾向は20代なんだけどな…
パーラのようなベテランの域に入っている外国人は
いくらメジャーでの実績があっても順応できずに終わるパターンが多い
ただ
スモークの一塁守備だけはガチでウマい

14年のアンダーソン、セペダ以来7年ぶり9組目。。。残念ながら、あまり活躍した印象がありません。杞憂であればいいのですが。

誰も言及してないけどテムズは日本で活躍するか見てみたかったから期待しちゃう。
テムズは韓国にいたときに日本に来る噂あったから知名度ある方だと思ってたけど、ここでは終わった選手扱いなのか。

名前だけなら期待感がある補強だが実際どうなるか。テームズは韓国無双でメジャー復帰後に活躍して話題になったので日本でどうなるか興味はあるね。

今さらだが、二人の成績見ると松井秀喜のMLB10年間の通算成績 打率2割8分台、HR数175本がいかに凄いかが分かる。

テームズもスモークも当たれば飛ぶけどコンタクト力が低いタイプだけどまだアジアの野球に慣れているテームズの方が活躍する可能性はあるかな
スモークはスイッチを除けばボーアと選手のタイプが似てる

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.