巨人ウィキペディ

巨人・岡本 先制されたその裏、即座にタイムリー!

2020/09/21
巨人 0
 ◇セ・リーグ 巨人―広島(2020年9月21日 東京D)  巨人の主砲・岡本和真内野手(24)が2点先制されたその裏、即座に1点差へと迫るタイムリーを放った。  「4番・三塁」で先発出場。プロ3度目のマウンドで初勝利を目指す高卒2年目右腕・直江が初回、田中広に先制2ランを打たれたその裏、2死二塁で入った第1打席で広島先発右腕・九里の初球、内角低めシュートを中前に弾き返した。



先制されてすぐに1点を取り返したのは大きい。その後の松原の同点ホームランにもつながった。このまま勝ち越し点を取って直江を援護してほしい。

インコースへのツーシームで詰まらせる狙いの球だけど
構わん振り切ったろっていうスイングが良いね。
パワーがあると詰まっても打球が速いし
しかも岡本の場合は三遊間も二遊間もいけるから
ショートの網に必ずかかるって事は無い。

2点先制されてすぐに1点取り返したのは大きい。さすが四番。岡本の場合はついホームランを期待してしまうが、塁にいるランナーを帰すのが四番の仕事。ホームランはあくまでヒットの延長であり、岡本の場合あえてホームランを狙いに行かなくても、センターから右方向へ強い打球を打つことを心掛けていれば、おのずとホームランは増えてくと思う。

ホームランは結果に過ぎず。
こうやってヒットがでてれば
そのうちデカいのも出るでしょう。
打点もついてるしね。
今日も勝ちそう?だが
直江はあと一歩で勝ち星のがし残念。なかなか厳しいね。

岡本の打点の多くが大事な場面。
初回に1点差にできたことが大きい。

最近、ホームランは少ないが、チームを勝利に導く適時打が多い。
フォアザチームに徹している。

今日は岡本が打線に火をつけたな。

岡本の太ももの太さやばいな!

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.