巨人ウィキペディ

【巨人】藤岡貴裕、現役引退…今後は球団職員で新たな一歩へ

2021/01/05
巨人 0

巨人藤岡貴裕投手(31)が現役引退することが4日、分かった。昨年11月に戦力外通告を受け、現役続行を希望して同年12月の12球団合同トライアウトを受けていたが、ユニホームを脱ぐ決断を下した。左腕は「今までお世話になった球団の皆さまや、応援していただいたファンの方には感謝の思いしかありません」と胸の内を明かした。

藤岡は東洋大時代に同学年の東海大・菅野(現巨人)、明大・野村(現広島)と並んで「大学BIG3」と称され、2011年ドラフト1位で3球団競合の末にロッテに入団。大型左腕として1年目から先発ローテーションの一角を託され、3年連続で6勝をマークした。15年以降は主に中継ぎに転向し、18年7月に日本ハムへ移籍。19年6月には巨人にトレード移籍し、昨季は12試合で防御率3・12だった。  今後は球団職員としてチームに残り、新たな一歩を踏み出す。「違う形で球団に貢献していきたいと思います」と前を向いた。

(引用元記事)


現役希望のトライアウト後に引退決断、球団職員か。
巨人も優しい球団だね。
期待された結果は残せなくても、見るところは見てくれてるんだな。

FAで入ってクビになったり、他球団に行ったりしても、最終的にコーチにしてたりして、面倒見が良かったりする。

1年ちょっとの外様選手、トライアウトを受けたにも関わらず
職員として雇用されるのは巨人の懐深さと本人の人格の賜物。
野田はライオンズから何の話もなかったのかな…

藤岡選手、お疲れさまでした。
ドラフト時に見せてくれた嬉し涙は、多くのロッテファンを感動させたと思います。
現役生活は終了するのはとても寂しいですが、貴方の人生がこれからも幸せであることを心より祈っております。

巨人って引退後の面倒見がいいんだよねぇ。

球団職員で再就職!
巨人のいい所はたいして活躍してない
選手にもすぐに再就職先を用意するとこ。
素晴らしい球団です!

現役に未練はあったでしょうが引退してからも仕事が無い選手が多い中での
球団職員として仕事を貰えたという事は良いことじゃないですか。将来また指導者
としてグランドへ帰って来て下さい。

他ファンですが、ドラフト時に見た姿が忘れられません。
左腕から糸を引くような150の素晴らしいまっすぐとキレの良いスライダーは、球界をリードする左腕エースになると期待していました。
残念ながら花開きませんでしたが、好きな選手でした。

巨人の球団職員に転職したいのに一般からは中途採用してない理由がわかったわ。プロ野球選手の枠残してるのね。面倒見よくてサイコー!

FAじゃなくてトレードで来た選手。
それも在籍は2年。特に目立った活躍も無かったし。
そういう選手の引退後の面倒を見てくれるのは親切だと思う。

桐生第一高校時代、21世紀枠で出てきた泉ヶ丘高校(宮崎)との対戦で、外角低めに決まるストレートと外からのスライダーとカーブの切れを見て、これは泉ヶ丘は勝てないどころかノーヒットかもしれないと思ったものです。結果、試合は0-2で敗れましたが、凄い投手だなと思いました。ご苦労様でした

ドラフト会議で 藤岡がロッテに決まった時の 楽天の星野監督のなんとも言えない顔していたのを思い出します。
凄い投手がいるもんだなぁ~と活躍を楽しみにしてました。
藤岡投手、お疲れ様でした。

職が決まってよかったね。巨人はFAはじめ移籍してきた選手の面倒をすべてではないがきちんと見ている。杉内、村田などは指導者として採用している。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.