巨人ウィキペディ

【野球】日ハム大田のファイターズ愛 FA権行使は考えず

2021/01/06
野球 0
 

日本ハム大田泰示外野手(30)が、ファイターズ愛を宣言した。5日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で自主トレを公開。プロ13年目、早ければ今季中に取得する国内フリーエージェント(FA)権について、現状は行使しない意向を示した。また、メジャー移籍がかなわなかった西川遥輝外野手(28)と再び同じグラウンドでプレーできる日を心待ちにした。

21年シーズンをスタートさせた大田が明言した。「今のところ、そんなFAに対していろんな考えがない。チームに貢献して、ファイターズを盛り上げたいなという気持ちで今はいます」。早ければ今季中に取得する国内FA権を現状は行使しない意向を示し、ファイターズ愛を貫く姿勢をみせた。 巨人から移籍して5年目。今では外野のレギュラーとして存在感を発揮している。「僕はこのチーム好きなので。トレードで来させてもらって、試合も出させてもらって。1年1年勝負でずっとやってきたし、その気持ちは今年も一緒」とチームへの愛着が沸いている。 メジャー移籍がかなわなかった西川についても心情を明かした。「遥輝の挑戦というのはマイナスにとらえることはみなさんないと思う。彼が残るとすればチームの戦力は当然確保できて、下の底上げにもつながってくる」。このオフ、連絡も一切取らずにそっと見守ってきた。「まだわからないから、正直どんな話をしたらいいかわからないですけど、僕は待っていますけどね」。再び一緒にプレーする日を心待ちにしている。 大田が移籍してからチームは優勝から遠ざかっている。始動日となったこの日、1人黙々とグラウンドを走るなど体を動かした。「チームが優勝するというのが1番の目標でもある。その中で自分がどれだけ貢献して、どれだけ数字が残せられるかというのが大事」と自らを奮い立たせた。

(引用元記事)


日ハムファンは「本当に良く来てくれた」って思ってる
今では欠かせない選手
本人もまさかローソンで自分の顔写真の入った商品が売られるとは
巨人時代では考えもしなかっただろう
FAなんて言わないでくれって思ってたので嬉しい限り

巨人ファンです。身体の大きな大田には札幌のセンターが似合う。頑張ってください。

巨人ファンは、大田に、今の岡本のような活躍を期待していた。期待させるだけのポテンシャルもあった。2015年なんか、ほぼレギュラーつかんだと思った。でも、みんな期待していたから、凡打だとスタンドから「あ~っ」と溜息、ヒットでも普通な拍手だった。そういうベンチの期待、スタンドの期待が大田には重荷だったと思う。
日ハムで結果を出せたのは、日ハムベンチや日ハムファンのおかげだと思います。大田放出が決まった時は本当に残念で悲しかったけど、大田にはよかったと思っています。頑張ってください。応援しています!

日ハムがあわないって選手もいれば、大田選手のように水があって活躍する選手もいる。
そう考えると、環境は大事だなとしみじみ思う。ドラフト制度では、選手はチームを選べないから、そういった意味でもチームには環境づくりの責任もあるとも言える。もちろん選手の努力がマストであることが前提だけど。

ベイスターズファンです。
サラリーマンの世界でも「あるある」だけど、環境が変わったり良い上司と巡り合えたりすると、飛躍的に伸びる事があります。太田選手はラッキーでしたね。それも「実力の内」です。活躍出来て嬉しいでしょうが、欲を出さずに「生涯日本ハム」が良いと思います。

大田は今では日ハムには欠かせないピースの一つで本当に来てくれて良かった。
トレードで来た当初は巨人での成績を見て大丈夫かと言う声を聞いたことがあるけど今は大田が居ない試合が考えられない程になってる。
ドームでの試合では好プレーやタイムリーの後のチェンジの時には帽子をとってファンに答える人の良さもファンを惹き付ける魅力の一つだと思う。
日ハムに来てくれて本当にありがとうだしFAする気が無いと言ってくれて本当に嬉しいです。

FA権取得してから考えますってコメントの選手が多い中、ファンや球団にとっては嬉しいでしょうね。昔ライオンズに移籍したけどすぐにFAで出戻りした選手もいたし 大田選手はどうなんだろうと思ったけどよかったですね。

他にもいっぱいいるだろうけど、その代表格として大田を見ると人の幸せってどこにあるかわからんもんだなぁと思う。
でも共通するのは最終的には必要とされる事で多幸感って増すもんなんだなと思う。

巨人ファンだけど、日ハムに行って光り輝いて良かったね。少し遅咲きではあるけれど、これから40まで活躍してほしいわ。

G党だけどホントに
良かったです。
これからも頑張って欲しいです。
逆にGは…苦笑

日ハムで開花したのに、移籍するはずがない。

義理堅いね

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.