巨人ウィキペディ

張本勲氏と王貞治氏が菅野の残留を巡り正反対の見解…王氏は「アメリカでやらせたかった」

2021/01/10
テレビ 0

ソフトバンク王貞治会長(80)が10日、TBS系「サンデーモーニング新春スペシャル」(日曜・午前7半)にリモート生出演した。

番組では、ポスティングシステムでメジャー移籍を目指していた菅野智之投手が巨人残留が決まったことを伝えた。  王氏は菅野の残留に「本人は行きたかったわけですから、ぜひアメリカでやらせたかったですね」とコメントした。その上で「どの程度、自分のピッチングがアメリカで通用するかって本人も確認したかったと思います」と明かしていた。  一方、番組レギュラーでリモート出演した野球評論家の張本勲氏は、残留の決断に司会の関口宏へ「関口さん、あっぱれあげてください」と絶賛した。その上で「最近、スポーツ界でも暗い話とか嫌な話が多いじゃないですか。我々、野球選手上がりは、日本に残ってくれた、日本でやると決断してくれたことが非常に嬉しいですよ。日本の子供、青少年に夢を与えるような今年もピッチングをやってもらいたいから、是非頑張ってもらいたい」などと喜びを露わにした。

(引用元記事)

王さんは選手個人の立場、張本さんは球界全体の立場として、それぞれの意見だと思います。
どちらが正しいとか間違っているとかの話ではないと思います。

張本さんの意見はずーっと一貫していて、NPBがもっと盛り上がり世界一のリーグになる事を主張している。アメリカのレベルと日本のレベルの事は置いといたとして、NPBの球団を応援しているファンとしては言っている事もよくわかります。

王さんにしても、ハリさんにしてもその時代に行けたならメジャーから声がかかったであろう方。
行けたなら行きたかったと思っているか、行ける時代じゃなかったからしょうがないと思っているかの違いな気がする。
どちらも間違いじゃない。

これは両方の意見が分かる。
個人的にはメジャーでやってほしかったが、来季ソフトバンクに雪辱を果たす姿も面白そう。まあ、巨人ファンじゃないので理想は別の球団が挑戦して欲しいが。

王さん、張本さん。どちらが正解とかじゃなく、それぞれの立場や、思いから言った言葉だったと思います。
巨人に残るという決断は、菅野選手自身がしたのだし、来年も巨人で頑張ってほしい。

王会長も本音はSBの選手がポスティングを希望すれば行かせてやりたいと思っているのでしょうか。

多くはそう思ってたとは思うけどね。
まぁ有原選手は有原選手の、菅野選手は菅野選手の判断だから。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.