巨人ウィキペディ

【巨人】阿部2軍監督トークショー…昨年話題の「罰走」、姉から指摘で「期待走」に!?

2021/01/10
巨人 0
 

巨人阿部慎之助2軍監督(41)が9日、オンラインで開催されたスポーツ報知のチャリティートークショーに出演した。新年早々、“阿部節”がさく裂。爆笑トークを披露し、初笑いをかっさらった。

【1】罰走を改名? 昨年、試合でふがいない結果となった選手らに課し“名物”となった「罰走」に話題が及ぶと「今、罰走というと時代錯誤。名前を変えた方が良いと姉に言われて。『期待走』とかにした方がいい」  【2】誰に注目? 大城の成長や岸田の台頭、ベテラン炭谷と球界屈指の捕手王国になったが、今年のキーマンには小林を指名。昨年は2度の骨折など、けがに苦しんだが「誠司がきっちり存在感出せば、巨人の捕手陣もレベルアップする」と期待した。  【3】沢村の復活は… 昨年トレードでロッテに移籍した沢村について「ちゃらけた頭にして、それでも復活した。それは『沢村拓一』を出せたから。自分を出すことができたから復活できたと思う」と説明し「そういうの(自分らしさ)を出せる雰囲気作りを考えなくちゃいけない」  【4】褒め殺し! “鬼軍曹”のイメージが強い指揮官だが、今季は褒め殺し作戦を実行する考えを明かした。「どれだけ調子に乗らせるかがこっちの仕事。調子に乗りすぎるとポカするやつとかいるから、そこは違うぞって言わないと」  【5】無理です!? 新外国人スモークが背番号10を継承することが内定。「大城は即答で『無理です』って断ったらしい。(スモークには)活躍して『10』をどんどんいい番号にしてもらいたい」  【6】なめるな! 西武・内海の自主トレに同行している2年目左腕・井上が怒られたことを暴露。「練習をどれくらいやってるか答えたら(少なすぎて)発狂されたらしいよ。なめんじゃねえって。ランニングの量ハンパじゃないから」  昨年は直江や横川などを1軍へ送り込んだ指揮官は「ジャイアンツの2軍は伸びしろしかない。楽しみです」と期待を込めた。今年も多くのヤングGを、大舞台へと羽ばたかせる。

(引用元記事)


去年期待できる選手はいないって言ったんだっけ?随分コメントが優しくなったね笑
原監督にたしなめられたり、去年一年厳しくやってみて方針に柔軟性が出てきたな

厳しさと優しさのバランスって難しいよね。私個人は昔ながらの「根性」とか「気合い」とか好きだよ。だけど、お姉さんが指摘したように世間体も気にする必要はある。
指導や教育する立場の人間は、時代と共に変わりゆく、そういったシビアなメンタルケアは絶対的にアップデートしていかないといけないよね。

プロ野球で結果を残してる選手の練習量って半端ない。「練習は質と量」と偉そうなこと言う暇あったら練習しろって落合さんが言ってたな。とにかく練習していたら質が生み出されると。つまり、トライアンドエラーの繰り返しなんだなと。

黄金時代の西武、落合さんが監督してたときの中日くらいの練習量をやらせて欲しいです。
それくらいはやらないと、パリーグに勝てるチームにはならないと思ってます。

やっぱりジャイアンツの若手は 全体的に練習量が 他のチームより少ないと思う 練習は嘘つかないと思いますよ。

内海は自主トレの時とにかく走りまくるらしい。杉内もそうだったとか。今村も独立しないで内海に師事すればいいのに

捉え方だと思う。
自分の為に走るのか、言われて走らされるのかの違い。
走らされると思ってる選手は成就しないだろうな。

期待されてるうちに結果出さなきゃいけないからね 若手がどんどんでてきてほしいね

阿部さんのような打った瞬間ホームランと分かる打球を飛ばせる打者を育成して欲しい。

慎之助、小林をキーマンに上げてくれてありがとう!

どんな組織でもメリハリは大事。厳しいだけでは人は着いてこない。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.