巨人ウィキペディ

【野球】菅野が8億円で歴代最高年俸更新!2021年俸ランクトップ10の顔ぶれは?

2021/01/15
野球 0
 

巨人・菅野智之は14日、契約更改を行い、1億5000万円アップの8億円(金額は以下推定)で新シーズンを迎えることが分かった。年俸8億円はペタジーニ(2003~04年巨人)の7億2000万円を抜いて歴代最高額を更新、プロ野球史上初の大台突破となっている。

昨季のプロ野球はコロナ禍により、シーズンは120試合に縮小。無観客試合や最大50%程度の収容という制限もあって球団経営に大ダメージとなったが、ここまでの契約更改の状況はかなり“賑わっている”印象だ。果たして14日時点での2021シーズン年俸ランキングトップ10は以下の通りである。

【2021年プロ野球年俸ランキングトップ10】 1位 菅野智之(巨人/先発投手):8億円 2位 柳田 悠岐(ソフトバンク/中堅手):6億1000万円 3位 浅村栄斗(楽天/二塁手):5億円    坂本勇人(巨人/遊撃手):5億円    山田哲人(ヤクルト/二塁手):5億円 6位 森唯人(ソフトバンク/救援投手):4億6000万円 7位 松田宣浩(ソフトバンク/三塁手):4億5000万円    丸佳浩(巨人/中堅手):4億5000万円 9位 千賀滉大(ソフトバンク/先発投手):4億円 10位 中田翔(日本ハム/一塁手):3億4000万円  2年連続で日本一の座を懸けて戦った、巨人とソフトバンクのスター選手たちが上位を占めた形だ。先に述べた通り、歴代最高年俸の菅野が堂々の1位。もっとも、2018年オフに2度目の沢村賞を獲得した時に6億5000万円まで達しており、3年連続で首位に立っている。巨人では他にも19年オフに5年契約、最初の3年間は5億円が固定されている坂本勇人、18年オフに広島からFA加入して5年22億5000万円の契約を結んだ丸佳浩がそれぞれ3位、7位に入った。  菅野に次ぐ2位は昨季パ・リーグMVPに輝いた柳田悠岐だ。19年オフに変動制の7年契約を結んだ超人スラッガーは、最多安打に加えてOPS1.071で5回目のリーグ1位。5億7000万円から4000万円増の6億1000万円は、日本人野手では渡米直前の松井秀喜(巨人2002年)に並ぶトップタイとなった。

(引用元記事)


凄い金額だな。でも去年の成績に対するもので今年は皆さんがどんな活躍をするかは分からない。答え合わせは今シーズン後。

活躍した人の年俸上がったのは良い事だけど今年の総年俸ってやっぱり下がるのかね
どの球団もかなりの赤字だっただろうし

記事に全く名前が無いのがロッテ、阪神、横浜。リーグの順位見たら2位、2位、4位。年俸のチーム総額では無いけど、頑張ってるって事だろ。

柳田は出来高入れればこんなもんじゃないと思ってる。
てか、ホークスの選手達。(松田は出来高そんなでもないだろうけど)

菅野、1球約36万円だって・・・。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.