巨人ウィキペディ

単年15~20億円要求と報道の田中将大、「日本の方が大型契約を提示するかも」

2021/01/19
メジャー 0
 

1月下旬に差し掛かろうとしているが、MLBのストーブリーグは多くの選手が”就職難”にあえいでいる。ニューヨーク・ヤンキースからFAとなった田中将大もその一人だ。現地時間17日、地元局『SNY』によると、1年1500~2000万ドル(約15億5000万円~20億7000万円)の契約を望んでいると報じられている。

コロナ禍が直撃したMLBは各球団が100億円規模の損失を出したとされ、厳しい市場となっている。田中は事前予想で3年3900万ドル(約40億円)でヤンキースと再契約と見られていたが、チームは首位打者DJ・ラメイヒューとの交渉を優先。先日に6年9000万ドル(約93億4000万円)で再契約に達するやいなや、今度はサイ・ヤング賞2回のコリー・クルーバーと1年1100万ドル(約11億4000万円)とも契約をまとめた。  すると、ヤンキースの総年俸はぜいたく税の課税対象となる2億1000万ドル(約218億円)に限りなく近づいてしまった。同球団はぜいたく税を下回ることを念頭においており、さらに残りのキャップは「数百万ドル」しかないとあって、もし1年1500万ドル前後を田中が希望しているとしたら、(田中が相当に折れない限り)ヤンキースとの再契約は難しくなっているというわけだ。

これを受けてMLBの移籍情報を取り扱う『MLBトレード・ルーマーズ』は、田中が日本球界復帰も選択肢に入れていることを紹介しながら、「日本プロ野球からタナカは強い関心を寄せられており、アメリカよりも大規模な契約を提示されるかもしれない」と言及。そして、複数球団が「タナカの日本復帰の可能性はどんどん高くなっている」とも伝えた。  田中の要求額が高いと感じるかどうかは人によるだろうが、同サイトは「その額を求めてもタナカを責めることは難しい」と断言している。というのも、実績は十分のクルーバーは過去2年間は故障に苦しみ、わずか36.1イニングしか投げていないものの1年1100万ドルの契約をゲット。そして今季5先発しかせず、前年は防御率6点台だったドリュー・スマイリーも1年1100万ドル、田中(32歳)の5歳上のチャーリー・モートンも1年1500万ドルの契約を手にしており、「耐久性を証明してきたタナカ」は十分にこの金額に見合うものだという。  仮にもし田中が日本に復帰するようだと、先日にポスティングが不成立に終わった菅野智之(巨人)が更新した、日本プロ野球歴代最高年俸8億円も塗り替える可能性が高い。果たして日本復帰はあるのか、それともメジャー残留か。田中の去就に日米が注目している。

(引用元記事)


石井になってから湯水の如く補強費用使ってますけど、それにしても15億は無理でしょう…
10億位はあるかも知れませんが

難しいな〜、
日本に戻ってきて欲しい気持ちもあるけど
メジャーで頑張って欲しい気持ちもある、、
どんな決断であれ悔いのない選択を!
マー君世代として応援してます!

楽天なら年俸10億行くかな。しかしメジャーを上回る提案にはならないだろう。
日本はまだコロナ感染はマシな方だから、それは考える事の一つにはなるかも。

楽天ならオプアウト付きの2年20億を提示しても驚かない
戦力としても期待できるし復帰となれば観客は集まるグッズも売れるから元は取れるでしょう

ヴィッセル神戸がイニエスタと契約した事を考えれば出せない金額でもないような気もするしね。

単年15-20億はなかなか強気だね

単年15-20億円はすごい金額だ

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.