巨人ウィキペディ

原監督が来日できない新助っ人2人に「ぶっつけ開幕」指令…

2021/01/23
巨人 0
 

巨人は22日、都内でスタッフミーティングを開き、春季キャンプのメンバー編成などを行った。  今季はジャスティン・スモーク(34=前ジャイアンツ)、エリック・テームズ(34=前ナショナルズ)の2人の外国人野手を補強したが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外国人の新規入国は禁じられている。来日は最短でも緊急事態宣言が解除される2月7日以降となっており、そこから2週間の待機期間が必要となる。  リモート取材に応じた原辰徳監督(62)は「2月7日にどういう決定が出るかが非常に重要。安全ならもう少し早く来て合流して欲しいのが本心。早ければ2月の終わりには全ての選手が合流すると思う」と見通しを語った。キャンプに間に合わない可能性もあるが、開幕は「もちろん(出てもらう)。本人にも伝えている。米国での自主トレをかなりハードにやっていると聞いている。昨年、一昨年はなかなか外国人選手が主力にならなかった。これは反省点。外国人はウィーラーも含めて、チームの中心、主力選手になってもらうことを願いたい」と期待値は高い。

去年もスカウト部長が更迭 昨季は新加入のパーラが打撃不振などで1年を通じて働けなかった。さるチーム関係者がこう言う。 「原監督スポーツ報知の新春インタビューで『今回に関しては、失敗は許されない。僕も関与したし、コーチにもVTRを見せて決めた。相当なる覚悟で彼らを選んだ』と話している。ただ、去年もスカウト部長が更迭されたり、フロント人事がコロコロ代わっている。監督は自ら責任を取るような言い方をするけど、オーナーのお墨付きがありますから」 2018年オフ、山口オーナーは原監督を呼び戻す際、「チームに関しては監督に全てをお任せする。編成の方針に関しても監督の意向を完全に尊重しようと思う」とした上で「責任を監督に丸投げすることはない。獲得に関しての最終責任はフロントが背負う」と話しているのだ。 ただでさえ“当たらない”助っ人補強に、コロナ禍の事情も重なるだけに、獲得に関わった職員は早くも戦々恐々のようだ。

(引用元記事)


戦々恐々というか当たり前だよね
選手は結果出なかったらクビになる
だったらフロントも調査して獲得した選手が結果出せなかったらクビになるのは当たり前でしょ
いつまで経ってもロクな外国人連れてこないんだから

他球団も同じだが緊急事態宣言が1ケ月延長されたら開幕には間に合わないでしょ、
他のスポーツも含めて外国人選手が入国出来る見通しは立たない、
監督も選手も責任は無いが新外国人選手抜きのチーム編成も考えた方がいいね。

来日時期関係なく助っ人外国人の打撃はともかく守備の連携やチームとのコミュニケーションは重要!
新外国人はそれだけでも失敗するリスクは大きいのにそれでも獲得するのはそれだけの実力や対応力があると思って期待するよ…

居なきゃ居ないで現有メンバーでやるしか無いんじゃない?
1番から打てる打者を並べるとして
梶谷・坂本・丸・岡本
ってなるけど、これはこれで凄い並びだと思うけどね。

外国人選手って活躍するか見極めるのが本当に難しい。高校生ドラフトと同じくらいなんじゃないか。

メジャーはキャンプ入りから1週間で即試合だからテームズ、スモークにとっては問題ないでしょう。

クルーン、ラミレス、ペタジーニ。
自分が20代ってのもあるけど
ジャイアンツがスカウトして活躍した選手って
そうそう浮かばない。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.