巨人ウィキペディ

【巨人】戸郷が桑田塾入門!考える野球に「頭がパンパン」

2021/02/06
巨人 0
 

宮崎での1軍キャンプに参加している巨人・戸郷翔征投手(20)は6日、“桑田塾”に入門した。この日合流した桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)の前で63球を投げ「一球一球考えながら投球できた。頭がパンパンでしたけど、いい勉強になった」と振り返った。

桑田コーチの初指導を前に、予定になかったブルペン入りを志願。桑田コーチは「シュート回転のボールをどう修正する?」と問い掛けるなど“考える野球”を意識させた。 ■次世代エースへ「彼には一番厳しく」■  さらに「いい球がいったら終わろう」と指示し、そこから3球で終了。「いい印象を残したら、次の投球までいい印象が残る。それを継続してやりなさい」と伝えた。昨季9勝を挙げた戸郷に、さらなる飛躍を期待するからこその熱い指導。通算173勝のレジェンドは「彼には一番厳しくしたい。柱で回らなければいけない存在」と説く。

(引用元記事)

ただ早い球が投げられればいいという世界でもない
打者も150キロ台とかでも打ち返してくる
桑田は投げるだけじゃなく、投げた後守備の体勢に入っていることや、キャッチボールで打撃練習している等、他にもテレビでも言ってないようないろんな引き出しあると思うので、どんどん吸収してエースと呼ばれる存在になってほしい

考えながら投球できると、調子が悪くても4失点くらいで6回投げられたりして、打線の援護で勝ち投手になれたりする。エースとはそういうピッチングをする、菅野のように。

今日の練習中に「練習は量より質だよ」とか「潜在能力を引き出そう」と戸郷投手を温かい目で見守っているところを観ると、今季戸郷投手が更に飛躍しそうですね。

今年、いきなり全部が成果に繋がらなくても必ず2~3年後には体がその意味を理解して動きになるんでしょう。
すごい財産を築いているかんじです。

桑田イズム注入。
頑張れ

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.