巨人ウィキペディ

【巨人】吉川尚輝が朝から特守 送球を入念に確認

2021/02/09
巨人 0
 

巨人吉川尚輝内野手(26)が9日、S班那覇キャンプで朝の特守に取り組んだ。全体練習開始1時間前に、グラウンドに姿を現すと、石井野手総合コーチとマンツーマンで30分間、練習を行った。

二塁の位置に就いて石井コーチと二遊間を組み、二塁併殺打や遊撃併殺打の練習を繰り返した。 8日に、26歳の誕生日を迎えたばかりの吉川は、7日にも朝の特守を行っていた。

(引用元記事)


日本シリーズでは球際の強さを全国に証明してくれましたね。
しかし、送球が安定しないためランナーを進塁させてしまい得点圏になるケースがよく見られました。
送球が安定すれば守備は球界随一だと思っています。
このキャンプで答えを見つけてレギュラーとして1年間駆け抜けて下さい。頑張ってください!

S班とはいえ、驕りなく成長を望もうとする姿勢は当然ではあるが評価したい。
元々、球の握り替えには課題があることを自覚しているのか、その解消に対して石井コーチと取り組んでいることは的確ですね。
昨年一年間出続けたことで故障の課題をクリアし、今年はスローイングの改善への取り組み。これで念願の菊池越えが見えてきた!最強の二塁手になることを期待したい。

スピードだけならあの菊池涼介にヒケを取らない。
吉川の問題はそのスピードを打球に合わせて巧くコントロール出来るかだと思う。
その点はまだ菊池の方が上なだけにそれを身につけて欲しい。
やはり1番セカンド吉川が定着出来れば守備でもショート坂本勇人の負担を軽減出来るだろうし、打順でも坂本、丸佳浩の打順をあまり動かさなくて済むしね。

自分の課題に向き合って克服しようとしてる姿がほんとに素晴らしい
去年の日本シリーズ、結果自体はほんとに悔しい限りだったけど長谷川の打球を取ったのはほんと痺れた!
守備が上手いって菊池に言わせたくらいの実力があるし、ゴールデングラブ争いにも期待してます!

やっぱりスローイングが課題ってことなんですね。S班の若手だからこそ手厚く鍛えられてますね!

基礎こそ大事。
守備力は高いのでスローイングが安定すれば無双。

尚輝はよくゲッツーの場面で一塁送球がワンバンになってたことあったよね
その改善なんだろうか

セカンド争いのメンバーも是非この姿勢を見習って欲しい!

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.