巨人ウィキペディ

【巨人】桑田コーチ 打撃投手登板へ準備 

2021/02/09
巨人 0
 

巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐が打撃投手登板へ向け、“調整”のペースをアップさせた。  選手が引き揚げた午後2時50分ごろ、7日と同じくひなたサンマリンスタジアム宮崎のグラウンドに姿を現して、PL学園の後輩でもある吉川大畿スコアラーを相手に約5分間のキャッチボール。途中から吉川スコアラーを座らせて“ピッチング”も行った。

さらに右翼フェンス付近でランニングやストレッチもこなし、約25分間汗を流した。東京ドームで調整したS班を見守っていたキャンプインから「(肩も)これから作っていきます」と宣言していた。

(引用元記事)

野球に対するストイックな取組姿勢は現役時代と全く変わらない。
選手達は学ばないと…
これが桑田コーチ効果かも知れない。

やっぱりカッコいい!!
現在の絶対的エースである菅野の18番、広島時代のマエケンの18番、その他に18番を付ける投手はいてよく似合っておりますが、桑田ほど18番が似合った投手はいるでしょうか?
そして今はコーチで背番号は違いますが、ジャイアンツのユニフォームは本当によく似合いますね。

村田兆治とこの人は本当にすごいと思うわ。
引退後も節制、トレーニングしてる。
このストイックさ、見習いたいけどちょっと厳しいw

桑田は本当に現役時代と体型が変わらないですね。

凄い!
背番号が違うだけで現役時代と全く同じだ!

帽子かぶったらもう15年前と変わらない姿だ。
頼もしい。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.