巨人ウィキペディ

【12球団U-23充実度ランキング│8位:巨人】

2020/09/06
野球 0
●読売巨人軍:総合評価8位 活躍度:B- ポテンシャル:B 選手層:B- ●主なU-23選手 戸郷翔征投手20歳 山下航汰外野手19歳 太田龍投手21歳 直江大輔投手20歳 岸田行倫捕手23歳 大江竜聖投手21歳 高橋優貴投手23歳 増田陸内野手20歳 湯浅大内野手20歳 堀岡隼人投手21歳

岡本和真が6月30日に24歳の誕生日を迎え、U-23から「卒業」。今季は高卒2年目の戸郷が大ブレイク中で、岡本が評価対象に残っていれば活躍度の評価は「A」でもおかしくなかった。投手では他に戸郷と同期で先日一軍デビューを果たした直江やサイド転向で中継ぎに定着した大江、今季は左ヒジの故障に苦しんでいるが、昨年ルーキーで5勝を挙げた高橋優など一軍で戦力になっているU-23選手は少なくない。

これに大きなプラスを加えそうなのが山下だ。昨季はイースタン・リーグ史上初の高卒新人での首位打者に輝き、今季は19歳での開幕一軍入りも期待されていた金の卵。5月に右手有鈎骨骨折で離脱してしまったが、将来は長打力の成長も期待でき、岡本のように本格開花すれば20年代の打線の軸は心配がなくなる。

<img src="">


スーパーセイヤ巨人10000
一岡や平良も巨人軍のスカウティングと育成の賜物
イースタンで首位打者や安打記録の山下や松原を他球団は見落としていたわけだからね
高田をあそこまで育てたから高梨を獲得出来てトレード当初は楽天からも喜ばれた
全ては巨人軍の育成力に繋がっている

若い世代に有力な選手が集中し過ぎると、その世代がレギュラー定着後に衰える際にチームが空洞化してしまう、という事態が頻繁に起きてしまいます。
若いうちに即戦力の選手とトレードすることも暗黒時代の訪れを未然に防ぐ有効な手段のひとつだと思います。
ヤンキースやドジャース、カージナルスなどはそういった運営でもう20年以上ドアマット知らずを続けています。
巨人ファンとして、巨人はこの若手充実度ランキング、8位くらいでちょうどいいと思います。

ここ数年でスカウティングが大きく変わっていると思う。
高卒に限定すれば、大江竜聖以降は質が格段に上がっていると思う。特に投手は順調に伸びているのではないかな。
ただ野手は少し心配。山下以外のOPSが軒並み低い。将来中心打者になるには1年目のOPSは600は越えたいところ。甘く見ても500以上か。山下のOPS.867は圧巻だが他がいない。辛うじて菊田が500を超えているが増田陸は500を切っている。坂本は1年目二軍でOPS.702。岡本はOPS.662。
まあ来年以降の大化けに期待している。

これで8位ですか?
充分な期待値、充実度だと思いますよ。
井上や菊田、山瀬もいるし。
ここ2年は高卒を多く指名しているし、2、3年後にどれだけ戦力になっているか楽しみな選手が多いです。

ポテンシャルはおそらくドラフトで話題の選手を取れない(クジを外す)のが響いているのでしょう。
戸郷以外は主力と呼べるのは大江くらいですからこのランキングもある意味仕方なしかと。

山下も怪我がちなのが少し気になりますが、是非頑張って欲しいですね。

個人的には8位どころか5位くらいでも良いとは思うけどね。
意外と他球団は育っていないという理由で。

沼田いないやん。

広島が1位なの謎(笑)

広島スゴいな(笑)
こんな表があるの初めて知った。
(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.