巨人ウィキペディ

巨人戦で異例の中断 「反射物が進行の妨げ」

2020/10/08
巨人 0
 先頭の岡本が中前打で出塁後、一塁ベンチから原監督が球審に歩み寄り、DeNAファンが多く陣取る左翼席を指しながら言葉を交わした。すぐに審判団も集まり、左翼席を見わたすなど謎の中断が発生し、スタンドもざわめいた。  しばらくして球審が「反射物が進行の妨げになっているので中断しています」と説明。球場係員が“反射物”の正体を確認しようと左翼席をチェック。特定できたかは不明だが、ファンはキャップに貼られていた金色のシールをはがすなど、各自が反射しそうなものをしまうなどして対応した。数分間の中断後に試合は再開した。



見てましたが、あまり見ることのない異様な雰囲気でしたね。もちろん観客には悪気は無いんでしょうが。

一塁ベンチ横のカメラにしっかり写ってた。女性の
座った場所が悪かった。でもNewEra のひさしの金ステッカー剥がせって言われたら涙目ものだな。

岡本の何でもないヒットなのにどうして審判団が集まっているのかさっぱりわかりませんでした。こういうことをやるのは良くないよな。やった観客は退場させるべきではないの?。

テレビ見てたけど、何が起こったのか分からなかった。

横浜ファンからすれば、怒りたくなる展開だけど、試合を妨害しちゃダメですよ。

(引用元)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.